« 笠森寺 | Main | すぅぱぁぶるぅぶらっどむうん »

January 29, 2018

ジオストーム

映画「ジオストーム」を観た。
予告編を初めて目にした時から絶対に観ると決めていた期待作だ。

地球規模で次々と起こる異常気象に対処するため、
人類は気象を完全にコントロールするシステムを作り上げて問題を克服した。
しかし…。

完璧なはずのシステムが突如暴走し大災害を引き起こす。その裏に実は陰謀が渦巻くという
ストーリーはありきたりと言えばそうかもしれないが、その展開に飽きることはなく最後まで楽しめた。

所詮は人の作った物だから、やはりどこかに穴がある。
どんなに素晴らしく完璧だろうと、それが常に良いことのために使われるとは限らない。
技術自体はそういった方向性を持ち合わせていないので、誰の味方にもなり誰の敵にもなり得る。
この手の話を観るたびに毎回そう考えてしまう。

完璧だった物事が些細な事からほつれを生じ、やがて壊れていく様にはちょっと
破壊の美学のような物を感じる。昨年公開された映画「ベイビードライバー」はこの展開だったが、
本作からもそれを感じ取れた。現実に起きたら困ってしまうけれど、娯楽映画としてこういう展開は
自分の好みなのだと「ベイビードライバー」を観て気がついた。
もちろんハッピーエンドになることはお約束だ。

海外の映画は毎回字幕版を観ているが今回は予定が合わず、先ず吹替版を観て後日字幕版を観た。
ストーリー展開をしっかり追えるので確かに吹替版は分かりやすい、これはこれでありだな。
展開を分かった上で改めて字幕版を観ると、言い回し以外にも字幕に出てこない台詞があるなどの違いに気づく。
どちらが良いか分かれるところだが、字幕版の方が臨場感があるなと随所で感じた。吹替版は観ていて
とても分かりやすい反面、どうしても違和感を覚えてしまう場面が多々あった。音声部分をそっくり
入れ替えているので、ここはやむを得ない部分でもある。

海外の作品だからといって兎にも角にも字幕版ではなく、吹替版→字幕版の順に2回観るのも面白いと
気づくきっかけになったのは収穫だった。

今後違う作品を観るにあたって、吹替版を観る機会が増えるかもしれないな。

« 笠森寺 | Main | すぅぱぁぶるぅぶらっどむうん »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92974/66336684

Listed below are links to weblogs that reference ジオストーム:

« 笠森寺 | Main | すぅぱぁぶるぅぶらっどむうん »

August 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村