« アメシストのメガネ | Main | 最後のpomera? »

August 08, 2016

シン・ゴジラ

映画『シン・ゴジラ』を観てきた。

実は怪獣映画というジャンルを私は殆ど観たことがない。
ハリウッド版のゴジラをやると聞いた時も全くその気にならず、今回シン・ゴジラを観に行くと言ったとき
『あの時見向きもしなかったのに?』と友人から不思議がられた。
そのくらい怪獣映画とは縁がない。

最初に予告を見た印象は、なぜ今更ゴジラなのかと思ったのが正直なところ。
何度か見るうちに感化されてきたのかも知れないが、ちょっと心にくるものがあると思うようになり、
気になるから観に行くことに決めた。

ゴジラが暴れ回って都会を破壊して、それを自衛隊がどうにか抑え込んで解決…くらいの期待だったが、
この期待はあっさり裏切られる。

未知の緊急事態に対して行政がどうやって対処するのか。緊迫感と現実感あふれる描写にちょっと圧倒された。
初動対応が後手後手なのはやっぱり役所だよなと友人は言っていたけど、
どうしてそういう事になっているのかと奥を考えながら観ると、現場で苦悩している役人のもどかしさが、
妙に生々しく伝わってくる。

序盤で特に驚いたのは、甘利元大臣に非常に似た俳優さんが大臣役だったこと。
まさか本人じゃないのかと思いこみ、エンドクレジットを食い入るように見てしまった。
(因みに別人です。)

本作の悪役たるゴジラの初上陸時の姿はかなり衝撃を受けた。お世辞にも格好良いとはいえない。
しかし地に這いつくばってなお一点を目指すように街を縦断するゴジラの姿は音楽と相まって、
とても印象に残る。その悪役たるゴジラを野村萬斎さんが演じていると聞いて、かなり驚いた。
劇中の動きは過去の怪獣たちとは確かに一線を画していると感じられた。

先日安部内閣の改造があって、稲田氏が女性二人目の防衛大臣に任命された。
そしてシン・ゴジラの防衛大臣を演じるのは女優の余貴美子さん。
映画を制作している時点では史上一人しかいなかった女性防衛大臣を映画の中に持って来ているところは、
偶然の一致とはいえ非常に面白い。

余談だが初の女性防衛大臣に就いた小池氏が東京都知事に就いたことは皆さんご存じの通り。

もう一度書くけど、私は怪獣映画というのは殆ど観たことがない。
だから『怪獣映画』としての感想を書くことはおこがましいと思う。
でも、未知の困難に対して立ち向かう人々の姿を描いた映画と捉えると、とても見応えのある作品で、
次々と飛び交う台詞で観賞中は頭の中がグルグル回りっぱなしになる。

これは確実に通うことになりそうだ。

« アメシストのメガネ | Main | 最後のpomera? »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92974/64031442

Listed below are links to weblogs that reference シン・ゴジラ:

« アメシストのメガネ | Main | 最後のpomera? »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村