« 春を告げる花 | Main | 春分 2016 »

March 13, 2016

4DXとULTIRA

先日のエントリで書いた『ガールズ&パンツァー』。
通常版の他に4DX版とULTIRA版を観る機会があったので、ちょっと書いてみたいと思う。

4DXに関しての詳しい事は余所様に譲るが、正直登場時から私は4DXなる物には懐疑的だった。

座席が動くとかミストを使って雨とかを表現するとか、それはテーマパーク等のアトラクションの範疇で、映画
館は映像と音を追求する方が重要だろうという考えだったからだ。にも関わらず4DXを観に行こうかと思ったの
は、音響周りも強化されて『ガールズ&パンツァー』の見せ所である戦車の戦闘シーンに、より迫力が出るのか
も知れないと期待を寄せたから。

ところが…である。始まって早々私は興が冷めた。

場内に風を起こすためのファンの唸りが耳に刺さる。座席が動くのはおっ…と思ったけれど、周囲の座席の動き
が気になって映像に集中出来ない。そして砲弾が横を掠めるシーンでは耳元からエアーが吹き出され、その時の
プシュッという音がいちいち耳に刺さる。肝心の音響はスクリーンに対して平面的な感じの音しか出てこなく、
映画館ならではの包まれるような感覚とはほど遠い。これは設置されているファンの唸りで音がかき消されてし
まっている可能性も考えられるが、実際私には平面的に聞こえた。

結局最初から最後まで映像にのめり込む事は出来ず、冷めた状態のまま観たものだから私の中で消化不良を起こ
し、余計に不満が溜まってしまった。一緒に行った友人Kは途中退場しようか本気で迷っていたそうな。

4DX自体はまだ進化させる余地がありそうだから今後の展開を待ちたいところなのだけれど、
少なくとも『ガールズ&パンツァー』は私に合わなかった。

後日口直しに通常版を観ようということになって、丁度イオン幕張新都心で上映していた回を予約。
Kも私も端の席でも良いから納得出来る物を観たいという気持ちだった。
ここの目玉スクリーンである『ULTIRA』でやっている事を予約後に知り、ちょっと期待をしてみる。

実際劇場に入ってみると、緩やかに湾曲した巨大なスクリーンが目に飛び込む。
高い天井から床くらいまでバチッとスクリーンが広がっていて、座席も数列後ろから案外急な角度で設けられている。
お陰で前列の人が気にならない。映画館というよりどこかのホールへ劇でも見に来たような印象を受けた。

始まっての印象は高音がきつめ。でもこの感じは嫌じゃない。そして戦車の砲撃が始まる。
ちょっと音が軽いようにも聞こえたが、火力のある戦車が撃つと低音がバシッと出てきた。
台詞もBGMも効果音も大きな音量にも拘わらず聞き分けられるし、大画面に映し出される映像も光のムラが感じられず
隅々までハッキリ観られる。

おぉ、これは凄い…。これだよこれ。
映像と音声がガチッと噛み合った所を、自宅ではまず用意出来ない環境で観られるからこそ映画館でしょ?
感覚の部分は観てる私の方で補うから、余計な事はしないで基本をしっかり魅せてくれ。

今までハッキリ観られなかった所は大画面できっちり観られるし、戦車の音とかも他の劇場では気づかなかった
細かなところまで聞こえてきて、今までのは何だったのか?と思いながらすっかり映像に引き込まれた。見せ方
の素晴らしさとそれに見合った音響に感極まったのか、私の目から涙がこぼれ落ちたのには私自身も驚いた。

今まで映画を観て涙を流した事は何度もあるけれど、それは基本的にストーリー展開から来たもの。
まさか戦車の動く様を観て涙が出るとは夢にも思っていなかった。

流石にそろそろ上映終了のところが多くなってきた感じだけど、出来ることならこれはもう一度観たい。
『ガールズ&パンツァー』は音の大事さってやつを私に再認識させてくれた作品だった。

« 春を告げる花 | Main | 春分 2016 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92974/63339242

Listed below are links to weblogs that reference 4DXとULTIRA:

« 春を告げる花 | Main | 春分 2016 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村