« ナイロンLightning | Main | ツバメの時季 »

April 20, 2015

憩い

20150420P340DSCN0086

ある日、友人達と出掛けた帰り道。道端にある立て看板が目に留まった。

全員が通り慣れた道なのに、誰もその存在に気づいていなかった。
看板の指し示す方向へ車を向かわせて住宅街に入ってみると、小さな喫茶店があった。

「こんな所に喫茶店なんか有ったっけ?」

見るからに、新しく出来たお店では無い。結構前から有ったはず…。
ここは学生時代に遊びで頻繁に通った記憶もあるが、覚えが無い。

ランチメニューの看板が出ていたので、日を改めて訪れてみた。
お客さんは少なく、地元の人しか来ないような小さな喫茶店。
そこには昭和の香りがあった。

控えめな音楽に静かな空間。ベストをきちっと着こなしているマスタ-。
そうだな、私の知っている日本の喫茶店はこうだよね。心は昭和へタイムスリップだ。

ランチセットのコーヒーが出てきた時、ミルクがホイップしてある事にちょっと驚く。
この辺のお店で、ホイップミルクを出す喫茶店を私は知らない。

灯台下暗しとは言ったもの。
知っているようでも、実はこういう場所が見落とされていたとは、まだまだ地元も捨てたものではないな。

雰囲気が気に入ったので、時々考え事でもしに行こうかな。

« ナイロンLightning | Main | ツバメの時季 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 憩い:

« ナイロンLightning | Main | ツバメの時季 »

July 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
My Photo

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村