« iPad 活躍中 | Main | メールクライアント »

February 22, 2014

PlayStation4 発売

北米に遅れること約3ヶ月。ようやく日本国内でもプレイステーション4(プレ
ステ4)が発売になった。今回は2月22日。
プレステは毎回発売日に拘っているな。

北米では予想を30万台上回る出だしを見せているプレステ4だが、
果たして国内ではどうだろう?

ローンチソフトは30タイトルが揃った。
その中にリッジレーサーの名が無いことに少々驚いた私。
今まで新しいハードが出ると必ずラインナップされていたタイトルだけに、
一体どうしたのだろうと思う。

私は正直プレステ3を購入したばかりなので、今のところプレステ4に
手を出すつもりは無い。そのためか情報も殆ど集めておらず、ネットとの
親和性が上がったとか、ゲームのプレイ動画を共有できるようになったとか、
その程度の事しか知らない。

プレステシリーズと言えば、ソフトの互換を今まで取ってきた。
ところがプレステ4は、今までの機種と全く互換性が無い。価格を下げるために
切り捨てた部分なのだろうが、まだ市場で流通、あるいは現在所持している
プレステ3のソフトが全く使えないというのは、如何なものかと思った。

CPUが自社製の物からAMD製に変わったとか、グラフィックチップも変わったと言う
部分が、影響しているのだろうか?

PlayStation Nowなるサービスが発表され、これが提供されれば一応互換性は
確保されることになりそうだが…。実際のところはどうなのだろう。
提供されてみないことには何とも言えない。

これにソニーの社運が掛かっていると言われている。
ゲームはスマフォでやることが、すっかり定着してしまったこの国で、
果たして据え置き型ゲームマシンの行方はどこなのか?

基本パッケージが約41,700円というのは、ゲームマシンとしては微妙な価格だと思う。
性能を考えればお買い得なのかもしれないけれど、スマフォゲーム全盛のこのご時勢に、
ゲームマシンにそれだけの金額を出してくれるユーザーが、
いったいどの位居るのか?
少々疑問に感じてしまう部分も有る。

先代プレステ3の初値が、7万円近かったことを考えると、今回はSCEも大分考
えたのだろうと思う。初期型のあの価格設定は今でも間違っていたと考えている。

私自身、殆どプレステ3を使わない様になってしまっている現在。
面白いと言っていたグランツーリスモ6はどうしているかって?
現状ログインしているだけで、プレイはしていない。
中々時間が取れなくて…、というのが言い訳だ。

PSvitaに至っては、ほぼ起動していない。やりたいソフトが有って購入したのは良いが、
肝心のソフトの封すら開けていないと言う状況だ。一体何のために買ったのだろうかと
言われても仕方がない。メモリーカードが専用なため、動画を持ち出すとかの手間が掛かり、
運用上のネックになっていることも確かだ。

そのプレステ4を友人Jの息子は今日購入したが、私は当分様子見だ。
グランツーリスモ7が出たら考えようか。

« iPad 活躍中 | Main | メールクライアント »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference PlayStation4 発売:

« iPad 活躍中 | Main | メールクライアント »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Photo

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村