« 正月休みも今日まで 2014 | Main | 鴨の生ハム »

January 06, 2014

タンネンバウム西野さんのサラミ

20141017S81000442

昨年末の話なので、ちょっと前後してしまうのだが、
今回はタンネンバウム西野さんのサラミを取り上げる。

友人Jの店にお土産で買っていこうと、生ウインナーを30本と自分用に
コンビーフ、そしてサラミを購入した。毎年年末だけしか作らないサラミ。そ
のサラミだが、昔はドイツサラミ1種のみだった。ところが今は、イタリアの
ミラノサラミに、フランスのアルルサラミと計3種類に増えている。そうなると、
どれが1番自分の口に合うのか、試してみたくなるもの。1本680円と高価だが、
思い切って3種とも購入した。

サラミというとお酒のアテになるわけだが、今回アテる元になったのは、我が
家で永きに渡って眠っていた「デンキブラン」。浅草の神谷バーで提供されて
いるアレだ。

少々味の濃い物には、強めのお酒をアテるのが良いだろうとの判断だ。流石に
一気に3種というわけには行かないから、3日間に分けて食べ比べることにした。

先ずはミラノサラミ。豚肉に赤ワインとガーリックで風味付けしてあるとの事。
少しかじってみると、結構脂が強い。赤ワイン由来だろうと思われる酸味を少
し感じながら、デンキブランを口に含む。思った通りに、口の中の脂感がすっ
きりする。これは中々良い感じかも。

次はアルルサラミ。こちらは牛肉と豚肉をコニャックで風味付けして、熟成さ
せたとある。コニャックで風味付けをしているからか、ミラノサラミに比べる
と甘みがある。こちらは癖が少ない感じなので、デンキブランのアテには、少
々弱いと思えた。赤ワインに合いそうだ。

最後にドイツサラミ。こちらは先の2つと違って、スモークしてあるサラミだ。
熟成に伴う僅かな酸味と、香辛料が効いた味わい。そのまま食べても充分美味
しい。

3種類食べ比べてみて、デンキブランに一番合うのは、私的にはミラノサラミ
だと感じた。そのままかじるならドイツサラミがスパイスが効いていて、中々
良いと思った。アルルサラミは他に合う物はないかと、冗談半分でカルピスサ
ワーをアテてみたら、これが案外合ったからびっくりだ。

今回のレビューはあくまでも個人の意見と言うことで、
片言程度に読んで欲しい。

« 正月休みも今日まで 2014 | Main | 鴨の生ハム »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92974/58898293

Listed below are links to weblogs that reference タンネンバウム西野さんのサラミ:

« 正月休みも今日まで 2014 | Main | 鴨の生ハム »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村