« November 2010 | Main | January 2011 »

December 2010

December 31, 2010

大晦日 2010

ちょっと年末のバタバタで、更新が止まってしまった当ブログ。
せめて大晦日ぐらいは、一言書かないとと思う。

今年も振り返れば、いろいろな事があった。
一番の出来事は、友人Jが急逝した事だな。

後は手持ちのデジカメやらパソコン関係が、年末までの2ヶ月間で一気に更新
された事。遂にWindowsXP&CRTに別れを告げる年になった。これを設備投資と
言って良いのか?

後は、地デジ対策に本腰を入れた事か。
未だに私は来年7月の停波はムリだと思っているけど、ひょんな事からPC用の
地デジチューナーボードが手に入ったのを機に、対策に本腰を入れる気になっ
た。まぁ、現在は色々調査中なので、実際に動くのは年明けてからだろう。

と言うわけで、当ブログ本年の更新はこれまで。

皆様、良いお年を。

December 22, 2010

冬至 2010

今日は冬至。言わずと知れた1年で最も日の短い日。
明日から徐々に日は延び始める。

冬至と言えば‘柚子湯’なのだが、今年の家の柚の木は裏年らしく、
実りが芳しくない。その為、今年は柚子湯は無し。ふむ、残念。

20101222P70000007.jpg

その代わりと言ってはなんだが、先日Jの店で出して貰った
柚子の甘煮…とでも言おうか。

柚子の実を甘く似たものなのだが、甘みと柚子の苦みが程よく混ざった味。
パンに塗って、ジャム代わりになりそうな味だった。

December 20, 2010

WIRED featuring BEAMS vol.14

20101220P70000008.jpg

私が‘WIRED’という時計を気に入って集め出してから、もう10年も経つのか。

10周年という記念の年に、BEAMSとのコラボレーションモデルとして発表され
たのがこの時計。時計全体にわたって鏡面仕上げが施されている。

ダイヤルも鏡面仕上げのため、ガラス面に印刷されたロゴも、わざわざ表裏で
色を変えて、それをデザインの一部としているという凝りよう。金と銀の2色
があったが、私は金を選択した。

勿論、腕に着けるためではなく、コレクション目的で購入したため、たまに箱
を開けて眺めては、悦に入っている事だろう。

先行予約していた情報を掴み損ね、再入荷待ちをしていたら通知が来たので、
即購入。翌日確認したら、既に売り切れとなっていた。
これを書いている現時点でも、売り切れのまま…。

相変わらずBEAMSとのコラボレーションモデルは、人気が高い。

December 19, 2010

ディスプレイ買い換え

遂にと言うか、とうとうと言うか、パソコン用のディスプレイを買い換えた。

長年愛用したCRTディスプレイから液晶ディスプレイへ。残像感や視野角の問
題から敬遠し続けてきたが、流石にCRTの寿命が見え始め、更にこれだったら
買っても良いかと思えるモデルが市販されたのを機に、決断を下した。

購入したのは三菱のRDT232WX-S。何が何でもTN方式だけは避けたかった私。
このモデルは視野角の広いIPS液晶で、且つ値段がお手頃だったのだ。

ようやっと私の手元にもフルHDを表示できる環境がやってきた。

動画の見え方は、少々ん~…と思うところがないわけではないが、静止画の表
示はかなり美しく、グレアパネルならでは。
作業用のデスクトップも広がったので、これからは画像編集系のソフトが使い
やすくなると思う。

…現実の机の上も片付けないとなぁ。

December 13, 2010

Children

もう14年も前になるのか、この曲がヒットしたのは。

「鉄腕DASH」でお馴染みの曲、ロバート・マイルズの‘Children’だ。

私が初めて聞いたのは、ファミレス(Denny's)だったか。
繰り返すピアノのメロディラインが妙に気になったのを覚えている。

そして曲名を知ったのは、北陸地方を普通列車で移動している時に、
持っていた携帯ラジオから偶然流れて来たのが切っ掛けだった。

好みの問題はあろうが、不思議な響きを持っている‘Children’は
私にとっては、今でも色褪せぬ名曲なのだ。

貼り付けた動画のものは短い‘Eat me Edit’。
フルバージョンに当たる‘Dream Version’は約7分半ある。

December 12, 2010

寒い

なんかこう、寒いとエントリを書く回数が減ってくるな。
夏の暑いときもそうだったが、寒くなった今になっても、また減り始めた。

もっとも変な義務感で書こうとは思わないので、
不定期更新のマイペースのまま、これからも書き続けようと思う。

December 11, 2010

GRANSTA東京のイベリコ豚重

 20101211P70000018.jpg

東京へ出かけた時のお楽しみは、GRANSTA東京の弁当である。今回はイベリコ
豚使用を謳った「スペイン産ベジョータ イベリコ豚重」を購入。

脂の旨味をお楽しみくださいというだけあって、ご飯の上に盛られている肉に
は、脂身が一杯。見るからに旨そうだ。

お腹も減っていたので、早速ご飯に肉を乗せて口へ運ぶ。…旨い! 甘口のタ
レと絡められたイベリコ豚とご飯が口の中で混じり合って、脂身の甘さを柔ら
かめに炊かれたご飯がしっかりと受け止める。今半の牛肉弁当とはまた違った
美味しさだ。イベリコ豚といわれても普通の豚の味と区別が付くかと言われれ
ば、正直私にはわからない。でも、この弁当が美味しいのは間違いない。

付け合わせは、出汁巻き卵が一切れとインゲンのゴマ和え。それと肉の上に彩
りとしてのシシトウ。インゲンは普通の味だったが、出汁巻き卵は出汁がしっ
かり効いていた。また、七味唐辛子も付いているので、好みで掛けられると良
い。ちなみに私は掛けずに頂いたが、甘口ダレ+脂身の甘みが中々濃厚なので、
さっぱり系の副菜が欲しくなるところ。

 20101211P70000020.jpg

そのさっぱり系の副菜として私が選んだのは、「聖護院かぶらの塩昆布和え」。
千枚漬けの原料となる京野菜・聖護院かぶらをサクに切って、胡瓜・セロリと
共に塩昆布和えにしたもの。

聖護院かぶらの、少ししっとりしたかぶらと、しなっとした胡瓜、シャキッと
したセロリの3種類の食感が楽しめる。特にセロリの癖のある味が、イベリコ
豚の脂の甘さをさっぱりと流して、次の一口へ繋げてくれる。この副菜を選ん
だのは正解だった。

因みにお値段は、イベリコ豚重が1,000円、聖護院かぶらの塩昆布和えが200g
で756円と、結構良いお値段。どちらもオススメ。塩昆布和えは100gパックも
あるので200gも要らないという人は、そちらをどうぞ。

December 07, 2010

大雪 2010

今日は二十四節気の一つ「大雪」。
朝のうちは暖かかった千葉も、夜にはすっかり冷え込んできた。

北海道の方では本格的な雪になっているらしい。

さてさて、いよいよ冬本番かな?

December 01, 2010

2010年の師走

月が変わって今日から12月。いよいよ2010年最後の月・師走がやってきた。

去年も同じような事を書いているが、私はこの時期が1年中で一番好きだ。

クリスマスソングが流れ、イルミネーションで彩られる街並み。
良い事も、悪い事も、楽しかった事も、辛かった事も、色々あった1年。
それらが積み重なってきた1年も、後ひと月で終わる。

ここまで来たのなら全てを抱えて、年末に向けて走り抜けよう…。
街の雰囲気がそんな気にさせてくれる。

別に年が変われば何が変わるというわけではないけれど、自分の中の気持ちは
リセットされるさ。確実にね。

だから後ひと月、頑張ってみよう。

« November 2010 | Main | January 2011 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村