« メガネ その2 | Main | ポータブルWi-Fi »

September 18, 2010

房総横断の旅 ~後編~

少々時間が空いてしまったが、旅の続きと行こう。

_DSC0056.jpg

待ちぼうけを食らった後、大原方面からやってきたのは、小型の黄色いディーゼルカー。
小湊鉄道の車両よりも一回り小さい。そのため、始発から立ち客がでるほどの混み具合だ。

冷房車のはずだが、妙に暑い。車端部に乗った私は、終点の大原まで汗が止まらなかった。
いすみ鉄道がムーミンを売りにしていることは、実は知らなかった。絵途中の鉄橋上でムーミンが
釣りをしていたし、線路沿いの池でスナフキンが釣りをしてた(スナフキンは見逃してしまったのだが)。

元国鉄木原線が、第三セクターとなって生まれ変わったのがいすみ鉄道。車両の違いもあるのだろうが、
乗り心地は小湊鉄道よりも良い感じがした。ただ、全線にわたって比較的ゆっくりと走る。
小湊鉄道のように、吹っ飛ばす区間は皆無だ。

上総中野から大原へ向かって走っているので、車窓は山間の景色から平地へと、
小湊鉄道とは逆の変化を見せる。菜の花を表す黄色をボディに纏っているだけあって、
沿線には菜の花の見所が多いらしい。乗りに来る時期よければ、きっと黄色い景色が見られることだろうが、
今は黄金色の稲穂が実った田圃が広がっている。

_DSC0061.jpg

上総中野から大原までは52分の道のり。途中の大多喜で反対方向の列車とすれ違う。
駅を出ると遠くに大多喜城が望めた。

多少乗客の入れ替えは有ったが、基本的に大原へ向かうに従って人が乗り込んできたので、
大原へ着く頃には、結構な乗車率となっていた。つい先日まで、廃止するかどうか議論されていた路線だとは
ちょっと思えなかった。とりあえず存続は決定したものの、決して経営状態は芳しいわけではないようだ。

というわけで、待ち合わせ時間も入れると五井から大原まで2時間31分の小旅行は終わった。
いすみ鉄道の菜の花もそうだが、小湊鉄道沿線は、桜の綺麗な所が多いようなので、
その時期にまた乗りに来てみようか。

快適な電車に揺られるだけが、鉄道の旅ではないのだと思える旅行であった。

« メガネ その2 | Main | ポータブルWi-Fi »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92974/49482857

Listed below are links to weblogs that reference 房総横断の旅 ~後編~:

« メガネ その2 | Main | ポータブルWi-Fi »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村