« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

December 31, 2009

今年もあと間もなく

2009年も、あと2時間弱。いよいよ押し迫ってきた。

今年を振り返ると、まぁイベントてんこ盛りだったように思う。
しかも、悪い事が多かった。さすが厄年だけはある。


でも、

例え、悪い事続きだった年でも、

無事に今日を迎えることが出来た。

それでいいじゃない。

年が変わってまた、新しい時を歩き始めればいい。

それでいいじゃない。

今年の‘ちゃっぴぃのたわ言’はこのエントリを以て、更新終了。
それでは皆さん良いお年を。

嵐の大晦日

今日は大晦日、いよいよ2009年も終わりだ。
朝起きてみれば、外は風がびゅうびゅう吹いている。
そして雲行きも怪しくなってきた。

なんか嵐の大晦日っていう感じだな。

December 30, 2009

Core-i7 入りました

さてさて連日悪戦苦闘の末、AV用PCの大改造が終わった。

CPUは今までのCore2 Quad Q6600から今秋発売になったCore-i7 860へ、
OSはWindows VistaからWindows7 Ultimateへ、それぞれ入れ替わった。

Continue reading "Core-i7 入りました" »

December 27, 2009

悪戦苦闘中 その3

現在、友人のパソコンにWindowsVistaを入れ終わり、
パッチを当てるところまで来た。
私のマシンの方は、なんとかWindows7が入った。

今まで自作した中で、最悪のペースだ・・・。

悪戦苦闘中 その2

現時点で、未だ作業が終わっていないニューマシン。事前調査の甘さが出て、
周辺機器のドライバが用意されていないことが判明した。

正直、どうしようか困っている。
先々のことを考えて64ビット版のWindows7を入れた事が影響している。

メインで使っているXPマシンは32ビットOSなので、そちらへ
移植することになりそうだ。

結構、大騒動になってきたなぁ・・・。

 

悪戦苦闘中・・・

現在、手持ちパソコンをリニューアルしている最中。
Windows7導入に伴って、CPU・マザーボードから総取っ替え。事実上新規作成だな。

パソコンを自作するのは、総取っ替えも入れると通算6台目になる。
これが終わった後、友人のパソコンも総取っ替え作業をする予定だ。

まだ先は長い・・・。

December 23, 2009

柚子蕎麦

IMG_0754.jpg

天皇誕生日の夜、友人Jの店の玄関を入ると、目の前に張り紙があった。

‘ゆず切り 700円’

はて・・・、ゆず切りってなんだ?
早速聞いてみると、柚子を練り込んだ蕎麦とのこと。あぁ、柚子蕎麦か。

Jの店で変わり蕎麦が出てくることは滅多にない。今回は冬至だった上に
宴会が入っていたらしく、それ用に特別に作ったようだ。

口に運ぶと柚子の香りがいっぱいに広がる。

まだ新蕎麦が美味しく頂けるこの時期に、
敢えて変わり蕎麦を食べるのもまた一興だろう。

December 22, 2009

廃止するのはいいけどさ・・・

21日のニュースで、ガソリン税の暫定税率廃止の方針が発表された。ところが、
代わりに同率の新税を課して歳入の維持を図るとのこと。結局のところ、プラ
スマイナス0である。

衆院選での公約はこの際置いておくとして、私はガソリンの税率維持には反対
しない。自家用車で通勤している私としては確かに痛い。暫定税率が廃止になっ
て、ガソリンの値段が下がってくれた方が嬉しいに決まっている。

だが、二酸化炭素排出量25%削減を掲げる現政権にとって、ガソリンの消費を
後押しするような施策は、良い判断とは思えない。一方、鉄道やバスといった
公共交通機関が充分に整備されていない地域では、自家用車に頼らざるを得な
いという現実がある。そこで新税は、自家用車から公共交通機関へシフトでき
るような施策へ重点的に使って欲しい。もうそろそろ、個人の移動に関して利
便性優先ではなくある程度の制約を、私たちは受け入れないといけない段階な
のではと、私は考えている。

大画面液晶テレビへの買い換えにエコポイントを付与する事へ税金を使うなら、
公共交通を整備をして自家用車の使用を減らすことに使った方が、当面の二酸
化炭素削減幅が大きいように思うが・・・? エコポイント制度は、景気対策とい
う側面もあるので、判断は難しい。

前政権が高速道路の料金を休日1,000円したお陰で、高速道路整備の借金返済
に、余計な税金を投入することになった。今後の政策を実施する上で財源が不
足しているというのなら、先にこれを考え直した方が良いのではないかと思う。

税率維持して新税導入するのだから、無駄遣いとかは勘弁して欲しい。

December 21, 2009

明日は冬至

今日は異様に寒かった。夜の天気予報で、1月下旬頃の寒さだった
とか言っていた。そういえば明日は冬至。冬至と言えば柚子湯。

家の入り口にあった柚子の木は、カーブミラーの障害になって、
半分ほど切られてしまった。

それでも何とか実を付けてくれた柚子の木。
明日の柚子湯には、その実をありがたく使わせてもらおう。

来年も実を付けてくれるといいな。

新しいマウス その後

M950を使い初めて、ひと月弱。
最初の頃の違和感は無くなり、手にも馴染むようになってきた。
MX-Revorutionよりも高い位置に付いているサイドボタンにも慣れた。

少し使ってみて感じたことが、バッテリーの持続時間。一応フル充電で約30日
と言うことだったので、20日くらいは持つだろうと思っていた。
ところが、実際は1週間ちょっとしか持たない。

Performance Mouseと言うだけはあるのか、バッテリーの減りは激しい。
MX-Revorutionも大体1週間だったことを考えると、まぁ妥協できる範囲かも。

前のエントリでも書いたが、バッテリーが市販のニッケル水素充電池を使用し
ているので、2~3本用意しておけば、不意のバッテリー切れにも対応できる。
USBケーブルを繋げば充電しながら使うことも可能だが、それでは何のための
ワイヤレスマウスだか分からなくなる。

カーソルの追従性もFPSでもやらない限り問題なさそうだし、デジカメ写真の
レタッチで、細かい作業をするときにマウスの感度を変えることが出来るので、
私は買って正解だった。

December 19, 2009

明と暗が織り成す時間

今、某所にて夕景色を眺めている。

改めて眺めてみると、夕景色って言うのはとてもダイナミックだ。
時間の経過と共に、空も街も明から暗へ変化していく。
一瞬一瞬が全て違った表情を見せると言っても過言ではないだろう。

一日に2度だけ起こる、明と暗が入れ替わる特別な時間帯。
毎日とは言わないが、時々楽しめる時間が欲しいと思う。

 

あの男が、また帰ってくる

来年7月、踊る大捜査線の映画第3作が公開されるそうだ。

製作中とは聞いていたが、やっと公開時期が発表された。
前作は、なんだかんだと6回観た。友人達には流石に観過ぎだと言われる始末。
まぁ、面白かったから良しとしている。

実在する湾岸署で撮影するとか言っていたように思うが、
実際どうなのだろうか? 
私にとって、そこは楽しみなポイントだったりする。

今度の青島君は、係長になっているととかいないとか・・・。

December 17, 2009

pomeraのファームアップ

今日我が家のポストに、キングジムからダイレクトメールが2通届いていた。
1通は新型pomeraのユーザー登録完了通知。はて、もう1通は何だ? 開いてみる
と、なんと旧型pomeraのファームウェアアップデート通知だった。この
インターネット全盛時代に電子メールではなく、ダイレクトメールで来るとは。

旧型pomeraのエントリで、ファームウェアのアップデートはメーカー送りと書
いた。ところが今回の通知をよく読んでみると、Ver.1.1.0というファームウェ
アは、インターネットでダウンロードの上、ユーザーサイドでアップデートが
出来ると書いてある。

おぉ! ついにネット経由のアップデートに対応したか。出来ることならば、
初めから対応しておいて欲しかったと思う。

ファイルをキングジムのサイトから取り寄せ、microSDカードにコピーする。
後は説明書を読みながら、簡単な操作をするだけだ。10分もあれば完了する。

新機能の追加とかは無かったが、電圧降下時のメモリバックアップ強化とか、
コイン電池アイコンの表示変更とかの、地味な内容となっている。どうせなら、
メニューの上下ループや、左右ループに対応して欲しかった。

特に理由がない限り、このアップデートはしておいた方が良いだろう。

ところで思ったのだが、ファームウェアのアップデートをする際、何故
USBケーブルでPC本体と接続する必要が有るのか、とても不思議だった。

おことわり

四国行き関連のエントリについては、内容的に日付をさかのぼって挿入する
場合もあるので、そのつもりで読んで頂けると有り難い。

December 16, 2009

煌めく東京へ

新居浜を発って5時間。のぞみは新横浜へ到着する。新幹線が本気で走るのは
ここ、新横浜まで。ここからは住宅街を縫うように走る。長旅で上がった息を
整えるが如くペースを落とし、終点へと向かう。

闇を貫くように走ってきたのぞみ。新横浜から先は住宅街、そして見慣れた都
会の夜景へと変化してゆく。その変化に、四国から関東へ帰って来たことを実
感する。背の高い建物が目立つようになってくると品川だ。見ればあちこちに
クリスマスイルミネーションが光る。旅の終わりを惜しむように、ゆっくりと
歩を進める。

私は元々列車での移動が好きなので、こんなふうに思うのだろうが、出張帰り
のビジネスマンにとっては、やっと帰ってきたという感が強そうだ。

煌めく街並みを通り抜け、‘超特急のぞみ’は東京駅へ滑り込む。次はいつこ
こに上ってこられるのか。そう思うと名残惜しいが、先を急ぐため新幹線ホー
ムを後にする。

出来るなら今度は旅行でここに上ってきたいものだ。

地元へ向けて

新居浜を後にしたのは、日没後。
外の景色は暗闇とそこに輝く光の点。
時々クリスマスイルミネーションが見えてくるのは、時節柄だな。

つくづくカメラを持ってこなかったことを後悔している。

恐らくは、来年の1周忌も行くことになるかも知れない。
今のうちに腹を括っておこう。

西の地の夜明け

愛媛・新居浜で初めて迎える朝。朝7時なのに千葉よりも空は暗い。
遅い夜明けに、随分と西へ来たことを実感する。

いつもは朝の光で目覚めるので、今日はどうもスッキリしないなぁ。

December 15, 2009

しおかぜに乗って

岡山で新幹線を降りた私は、在来線の特急‘しおかぜ15号’に乗り継ぐ。
新幹線の車内に慣れきった状態で、すぐに在来線に乗ると車内が狭く感じ少々戸惑う。
もう少し乗客が居るのかと思っていたが、私の乗った指定席・7号車は4割ぐらいの乗車率か? 

Continue reading "しおかぜに乗って" »

pomeraと携帯電話の連携

今日の一連のエントリは、新型pomeraの‘QRコード作成機能’を使って、携帯
電話からアップしている。1回の読み取りで約200文字の制限があるため、
ちょこっと打っては読みとってアップ・・・という流れである。

しかし、キーボード付きの携帯電話を使っていながら、何でそんな事をと
思うかも知れないが、pomeraの方が圧倒的に文章を打ちやすいので、
ついつい使ってしまう。

後は文字数との戦いだな。言いたいことを200文字以内に収めるのは、
中々苦労する。普段如何に駄文を書いているか、少し分かった気がする。

 

京都通過

列車は京都に着いた。
私の憧れの街を、また素通りする事になる。

せめて車窓から見える、僅かな街並みを堪能しておこう。

富士山

三島の手前にて、車窓に富士山が姿を現した。
もうすっかり雪化粧をした冬の装いだ。

東海道を旅しているとき、富士山が見えれば何故か嬉しいし、
見えないとガックリする。

付近の山々とは別格の存在感を漂わせる富士山。
その稜線は、裾野から山頂に向けて美しい曲線を描きながら
角度を変えてゆく。

車窓から見れば、すぐそこにありそうな錯覚に陥るが、
実は遙か向こうにある。

いつ見ても不思議な山だ。

 

相変わらずの出足

さてさて、往路の車両は今回もN700系。

相変わらず発進加速は速く、旅立ちのムードは薄い。
残念ながら500系‘のぞみ’は、1日1本しかないため、乗ることは叶わない。
流れ去る景色を小さな窓からしばし堪能するとしよう。

あ、カメラ忘れた・・・。

憧れの超特急

私にとって新幹線は今でも特別な列車。

帰省の必要がない私は、普段の生活では新幹線に縁がない。
それ故か、乗ると決まったときは、それこそ銀河鉄道にでも
乗るような気分になる。

まるで子供みたいだと思うかも知れないが、
新幹線は未だ憧れの超特急という存在なのだ。

さて、そろそろ車内で食べる弁当を選んで、ホームへ上がろう。

いざ 四国へ参らん

普段日なのに、何故か今東京駅にいる私。
身内の不幸で、急遽四国愛媛に向かうことになった。
前回の広島・岡山行きから1年半。まさかこんな形で
再び新幹線の旅人になるとは、思いもしなかった。

四国の地を踏むのは、何年ぶりだろう・・・。

December 13, 2009

グローランプ

蛍光灯を点灯するとき、お世話になるのがグロー式点灯管、俗にグローランプ
というやつだ。スイッチを入れると紫白色の光を放ちながら、点灯管の中の電
極が着いたり離れたりして、やがて蛍光灯が点る。‘スタータ型’と称される
タイプの蛍光照明器具ではお世話になる部品である。

詳しい原理が余所様で調べてもらうとして、そのグローランプがいよいよ製造
終了になるらしい。グローランプを使用しない‘ラピッドスタート型’や
‘インバータ型’、そして点灯管そのものもグロー式から、電子式やデジタル
式に置き変わりつつあるために、需要が無くなってきたのだそうだ。

これも時代の流れ。新しい技術と世代交代だ。

うちの蛍光照明器具は全て‘スタータ型’。そこで使っている点灯管は、半分
くらいがグロー式である。あと数年でこの紫白色の光が見られなくなるのかと
思うと、少々寂しく思えてくるな。

December 12, 2009

予想通り、買ってしまった

DSCN2787.jpg

11日発売の新型pomeraを買った。このブログを読んで頂いている方ならなら、
あぁやっぱり買ったと思っていらっしゃる事だろう。

 

Continue reading "予想通り、買ってしまった" »

December 10, 2009

アン肝のサラダ

DSCN2771.jpg

牡蠣とホウレン草・ベーコンのパスタを頼んだ日、
出てきたパスタセットのサラダを見て、私はちょっと驚いた。

「え? アン肝?」

まさかまさか、茶緒さんでのアン肝の登場だった。

アン肝は私の大好物。冬の味覚だ。
分厚くゴロッとしたアン肝の上には、ゼリー上のソースと言うべきなのか・・・と、
柚子の皮・少々の万能ネギがのっかっている。

もちろんこれをそのまま口へ運びこむ。

ポン酢ベースと思われる味に柚子の香りが混ざり、濃厚なアン肝を
食べさせてくれる。居酒屋とかで食べると、きちんと解凍できていない
シャーベット状のアン肝に出くわすことがあるが、ここではそれはあり得ない。

正直、これだけを10個くらい食べたくなる。

アン肝と言えばポン酢と紅葉おろしが定番の食べ方だと思うが、
唐辛子が苦手な私は紅葉おろしがNGだったりする。
それ故、この食べさせ方は私には嬉しい。

是非もう一度食べたいと思う。

 

 

December 09, 2009

牡蠣とホウレン草・ベーコンのパスタ

DSCN2772.jpg

この時期になると食べたくなる物の一つが牡蠣。
それを使ったパスタが茶緒さんのメニュー載ったので、早速頂いた。

ぷりっとした牡蠣の身が4つ。それにホウレン草とベーコンが
具材として盛り合わされている。

ひと口パスタを食べた後、やはり牡蠣だろう。ぷりぷりの身に、
フォークをブスッと刺して口に運ぶ。

私が食べられる数少ない魚介類の一つが、この牡蠣。
味に少々の癖がある牡蠣の身。昔私も苦手であったが、それを差し引いても
美味しいと思ったので、食べ続けたら最近は慣れてきたようだ。

実を言えば、生牡蠣の方がより好物だったりする。

シーズンはまだまだ続くので、何度か牡蠣を使ったパスタを食する
機会がありそうだ。そこでふと思ったのだが、牡蠣を使った
ペペロンチーノとかってどうなのだろう?

ちょっと食べてみたい気もする。

December 07, 2009

What is the meaning of the number?

車で走っていると、ついつい見てしまうのがナンバープレート。
4桁数字の羅列を見て、なにやらいろいろと考える。

例えば31-10だったらサイトウさんが乗っているのかとか、
510だったらゴトウさんとか。29-40のナンバーを見て、フクシマさんと
思いついたときは、流石に捻りすぎだと自嘲してしまった。

名字が当たらないような数字は、記念日か誕生日と言うところか。
自分の誕生日と同じ数字を見ると、妙に親近感を持ったりもする。

希望ナンバー制が導入されて随分経つ。今では軽自動車にも導入されているので、
どうしても数字の羅列に意味を求めてしまう。私の悪い癖だろうな。

こうしている間にも、窓の向こうに71-10の車が通って、ありゃナイトウさんが
乗っているのかと考える。次に通った77-35は、‘ナナミGo!’?
・・・もう考え出したら止まらない。

このエントリを書こうと思い付いたとき、ちょうど信号待ちをしていたのだが、
ふと道路脇の家の駐車場を見ると、軽自動車が止まっていた。

ナンバーは56-78。おぉ、なかなかと目を横にずらすと、同じ家の駐車場に
もう1台普通車のワンボックスが。なんとナンバーは12-34。

・・・いくらなんでも狙いすぎだろ。思わず笑ってしまった。
他所様の駐車場なので、写真を撮るわけにはいかなかったのが残念だ。

December 06, 2009

鼻風邪?

昨日は原因不明の頭痛で悩まされた私。
5日のエントリで、何事もなかったように治まったと書いたのだが、
実は今日、喉の痛みと鼻水に症状が変わって、再び襲ってきた。

やっぱり風邪ひいたのかね、私は・・・。

December 05, 2009

頭痛・・・

・・・いきなり頭痛である。
しかも、めまい・寒気・吐き気の混合攻撃。

熱も無さそうだったので、放っておけば治るだろうと思っていたが、
症状は悪化する一方。流石に我慢できず、夕方に医者へ駆け込む。

検温すると熱は34.6度。確かに無い。お昼に牡蠣フライを食べたのだが、
まさかフライの牡蠣では当たるまい・・・。

結局原因は特定できず、痛み止めと筋肉弛緩剤・吐き気止めを処方して貰い、
一晩様子を見ることに。最悪インフルエンザかもしれないので、
明日発熱したらすぐに来て下さいとのこと。

おかげさまで昨日のエントリは書くことができず、
食事も取らず薬も飲まず、19時には早々に寝てしまった。

今朝は7時に目が覚めたのだが、昨日までの症状はどこへやら。
何事もなかったように治まった。

ふむ・・・。寝不足というほど寝ていないわけではないのだがなぁ。
いったいなんだったのだろう?

Continue reading "頭痛・・・" »

December 02, 2009

秋の茶会

DSCN2756.jpg

先日、近所のローソンで買い物をした時の事。レジの脇にあるテーブルに、
なにやら見かけない瓶に入った飲み物が並んでいた。

「あれ? 伊右衛門じゃないか?」

ふむふむ・・・、2009限定出荷?
限定という言葉にかなり弱い私。498円という売値に怯むことなくお買い上げ。

比較のため通常の伊右衛門も購入し、早速自宅で飲み比べてみる。

‘宇治碾茶の旨み’と左脇に記されている。どれどれと思い早速一口
飲んでみると・・・濃ゆい。甘みのあるお茶の味わいだ。

そして通常版を飲んでみると、これが水かと思えるほど薄く感じた。
なにか一本調子で、味が物足りない。値段分の味はすると思う。

まぁ150円そこそこで販売されている通常版に対して、約500円もする
伊右衛門に、そうポンポンお金が出せるかどうか・・・?
私としては、もう一瓶くらいは飲みたいなと思っている。

 

December 01, 2009

今日から師走

というわけで、今日から師走。いよいよ今年もあとひと月になった。
押し迫ってきたねぇ。

毎年この時期になると書いていることだが、私は師走が一番好きだ。
なんだかこう、年末に向けて盛り上がっていく雰囲気っていうのがあるじゃない。
あれが私はとても好きだ。

無事に仕事をこなして、なんとか年末はほっとして迎えたいね。

« November 2009 | Main | January 2010 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村