« やっぱりあったのか? | Main | 白菜の漬け物 2009 »

November 22, 2009

入門機と上級機

先日閉幕した東京モーターショー。今まではコンパクトデジカメで
写真を撮影していたのだが、今回はデジイチを2台、D300をメイン機、
D90をサブ機として持ち込んだ。

以前はを一眼のカメラ2台を持ち込むなんて・・・と思っていたのだが、
いざ所持してみると、レンズ交換をせずに様々な被写体を撮るためと理解できた。

さて、今回初めて私は自分の持っているデジイチを2台同時に使用したみたが、
ここで感じた事がある。

D300は、いろいろと設定を変更できて使い甲斐があるカメラだ。
いろいろと試行錯誤をしながら撮影を楽しめる。

一方のD90はあまりいろいろと考えずに、気軽にさくっと撮る向きだ。
D300よりも重量が軽いため、持ち出すときもそれほど躊躇がない。
その気になれば、設定も変えられるので、オールラウンダー的な存在のカメラだと思う。

今回のモーターショーでは、明るい単焦点レンズをD300につけていた事もあって、
圧倒的にこちらの出番が多かった。

当然その場の状況に応じて、カメラの設定を変えて撮ることになるが、
時々ズームレンズをつけていたD90の出番がくる。ここでD300のつもりで
設定をいじくろうとすると、あれっと思うことが時々あった。

D300だとすぐに変えられる設定が、D90だとワンクッション入ってしまい、
そこでタイムロスが生じる。それぞれの機体が持っている性格を改めて感じた。

D300が修理に出ているとき、D90を持って撮り歩いていたが、その
フットワークの軽さに、これならば所有するカメラはD300じゃなくても、
別に良いかもしれない・・・。そう思うときも多々あった。

ところがモーターショーでその考えは吹き飛んだ。やはりいざという時、
D300のほうがその場の状況に合わせ易かった。

なんだか上手く纏まらないが、入門機と上級機の差はこのあたりなのだろうな。

« やっぱりあったのか? | Main | 白菜の漬け物 2009 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92974/46844530

Listed below are links to weblogs that reference 入門機と上級機:

« やっぱりあったのか? | Main | 白菜の漬け物 2009 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村