« July 2009 | Main | September 2009 »

August 2009

August 31, 2009

政権交代

衆議院選挙から一夜。
自民党は大幅に議席を減らして、歴史的惨敗を喫した。
公明党も小選挙区候補全員が落選という痛手を被った。

一方、期待票と与党への批判票を一身に集めた民主党は、
大躍進。戦後の衆議院史上最多議席を獲得。

政権交代は予想されていたが、ここまでの大差は予想外だったかも知れない。
ちょっと勝ち過ぎの感がある。

前回の衆議院選挙から4年。
景気対策の実績や、マニフェストがきちんと評価されなかったわけじゃない。
この4年間の与党・政権運営に、有権者はダメ出しをした・・・。
それが今回の結果だろう。

私は民主党には期待はしていないが、ここで政権交代をする事に
大きな意味があると思う。長らく政権の座に居座ってきた自民党は、
政権運営に批判が高まれば、いつでも野党転落の可能性があるという事を
知る機会になった。そして私たち有権者も、その気になれば政権を
ひっくり返せるという経験ができた。

今後政権を握る党は、今まで以上に国民の方向を向く必要がでてくるはず。
いわゆる“永田町の論理”“霞ヶ関の論理”というものが今後は通じなくなるし、
そうなって貰わないと困る。

それが出来ないようなら、この国の政治はもう救いようのないところまで来ている。

当分、この国の政治は混乱することになるも知れない。
でもそれが収まった頃いい方向に転がるのであれば、それは必要なことなのだろう。

台風接近中

台風11号が接近中である。雨は程々だが
風は強くなってきた。

千葉県南部は暴風域に突入。台風本体が上陸する可能性もある。
現在、厳重警戒中・・・。

台風が北からの空気を呼び込み、気温が低い。
思わず長袖を引っ張り出して着ている。
暑さに慣れた体には、ちょっと寒く感じる。

無事に通過してくれることを祈っている。

August 30, 2009

ただ今開票中・・・

どうやら政権交代は確実な情勢のようだな。
引き続き状況を見守ろう。

よりによって・・・

・・・衆議院選挙当日に、関東へ向けて台風11号が接近してくる。
最接近は明日のようだが、今夜から明日に掛けて、政治の世界は大嵐。

それに併せて天気も荒れるとは、何という偶然か。

あ、雨が酷くなる前に投票は済ませてきた。
後は夜の開票速報を待つとしよう。

August 29, 2009

有権者の権利

有権者の方々、明日の衆議院選挙の投票には行かれますかな?

与えられた権利を行使する・しない・・・、
つまり投票するか棄権するかは本人の自由。確かにその通りだ。

しかし、ちょっと待ってほしい。
棄権する事の意味は何だろう?

以前友人と、このことを話し合ったことがある。
その時こう言っていた。

「投票に値する人物が居ない。だから棄権はしないけど白紙投票する。」

この意見を友人から聞いたとき、私はこう言った。

「棄権した人は次の選挙までの間、政治・行政に対して文句を
  言える筋合い無いよ。自分の意思表示の権利を放棄したのだから。」

まぁ私もそれは思う。これと言った候補者が居ない場合だ。
残念ながら、日本の選挙制度に於いては“該当者なし”という選択肢は無い。
必ず何れかの候補者に票を投じる必要がある。

私は棄権=白紙委任だと思っている。
当選した人に全てお任せしますという事だ。

任せられる人物がいないから白紙投票するんだという方。それは違う。
白紙投票や候補者以外の名前を書くと、無効票扱いになる。
つまり集計上、対象とされない。
棄権しないだけマシと言うかも知れないが、
これらは票として集計されない以上、棄権と同様だ。

白紙投票を認めて貰いたいのなら、それに向かって努力してくれる候補に
投票するか、自分が立候補して努力するかだろう。

どうせ投票に行っても、何も変わらないと思っている方。
投票率が低いと、組織票っていうやつがモノを言ってくる。
どこの党とは言わないが、バックに大きな組織がついているところとかが・・・だ。
組織票の効果を弱めるには、組織外の人が投票に行って、全体の投票率を
上げることが一番手っとり早い。

個人の一票は一票でしかないが、塵も積もれば・・・だ。

改めて書くが、選挙権を行使しない人が、政治なり行政なりに対して
意見を言うのは筋違いだと、私は思う。

もちろん私は明日、熟慮の上投票に行く。

車の上に・・・

DSCN2645.jpg

今朝車で出かけている途中、天井に何やら気配を感じ
見上げてみる。

「うぉっ? 何やってるんだお前!?」

・・・乗っていたのはカマキリだった。

天井部分のガラスにしがみつき、風圧に耐えている。
途中、少々気合いを入れて走っていた時間帯もあったはずだが、
よくもまぁ振り落とされずにいたものだと思う。ガラスのどこに
掴まるところがあるのだ・・・?

体のスケールを合わせたら、走行中の風速はいったい
何メートル相当だったのだろう?
しかも空気っていうのは、昆虫のように体が小さい奴に対して、
まるで水のように振る舞うと聞いたことがある。私たちの感覚で言えば、
常にプールで泳いでいるような感じだろうか?
・・・走行中の車の屋根では、濁流相当だったかも知れん。

よくよく考えてみると、昆虫って凄いんだな。

August 28, 2009

秋の空気

8月もまもなく終わる。

今年の夏は暑いという印象はあまり無かったな。湿度が凄い日が何日か
ありはしたが、それでも極端に暑い日は少なかったように感じる。

昼間はまだそこそこ暑いが、朝晩の空気は少しヒンヤリ。湿度も下がり、
過ごしやすい空気に入れ替わった。いつの間にか、秋の虫も鳴き出した。

先日向こう3ヶ月予報が発表されたが、9~10月は残暑が厳しいらしい。
30度程度の日なら耐えられるが、33度以上はちょっときつい・・・。

・・・と、本来は書く予定であった今回のエントリ。
ところが今日はいきなり蒸し暑くなった。夏に逆戻りである。

からっとした秋の空気に慣れてしまった体には、
この蒸し暑さはちょいと堪える。それでも朝夕の気温は秋めいて
きているのが、私にとってはせめてもの救いだ。

早く本格的な秋にならないかねぇ。

忘れられぬ名勝負

少々ネタが古くて恐縮だが、先日幕を閉じた夏の甲子園。
中京大中京高校が、43年ぶり7度目の優勝を飾った。

しかしこの時の対戦相手、日本文理は凄かった。

平日の決勝戦だったため、試合を見ることは出来ず夕方のニュースで内容を
知ったのだが、9回裏2死まで4ー10で負けていた。ところがここから打線が
大爆発。一気に5点入れて9ー10まで追い上げたのだから凄い。
実際にこの試合を見たかったよ、本当。

とまあ、今年の甲子園決勝はなかなかの名勝負だったわけだが、
個人的には忘れられぬ一番の名勝負が過去にある。

1984年8月、第66回大会 1回戦。境高校(鳥取) vs 法政一校(西東京)

先攻・境高校の投手が素晴らしく、9回まで法政一校打線をノーヒットに押さ
え込んでいた。対する法政一校も得点を許さず、投げ合いの試合が続く。

0-0のまま延長戦に突入した10回裏、今までノーヒットに押さえ込まれていた
法政一校が遂に初安打を放つ。しかもサヨナラホームラン。

緊迫した投手戦がサヨナラホームランという、
あまりにも劇的な幕切れをしたのだ。

私は投手戦よりも乱打戦の方が好きだ。投手戦はその緊迫感から
ストレスが溜まる。戦ってる本人たちはもっと溜まって入るであろうが・・・。

でも、この試合は忘れられない。私の中では一番の名勝負である。

※とは言っても、法政一校の対戦相手を失念していたので、
 ネットで検索した。いや、見つかって良かったわ。

August 27, 2009

衆議院選挙情勢

ネットでニュースを見ていると、時々見かけるのが選挙の議席予想。
今日も某サイトに出ていた。

衆議院が解散されてから何度か見かけたが、一貫して与党惨敗の予想が続いて
いる。しかも、首相経験者やら与党の要職にある大物政治家と言われる方々が、
当落線上にいるという。

最新の予想だと、民主党1党で2/3以上の議席を確保する勢いだとか。
この予想の算出基準が分からないので、実際どうなのかというのは
分かりかねる。

私の場合、こういう予想を元に投票候補を決めたりしないので、参考程度に
捉えるようにしている。日々のニュースでも与党劣勢が伝えられているので、
敢えてのこういう情報を流して、同情票を呼び込もうっていう作戦なのかと
勘ぐったりもしている。・・・そんな私はひねくれ過ぎか?

運命の衆議院選挙まで、もう間もなく。
日曜日の夜は、開票速報から目が離せない。

電柱にリラックマ

DSCN2627.jpg

とある日の昼間。地元の道を走っていたとき、
いきなり目に飛び込んできたのが写真の看板。

「あ~!! なんで、リラックマが!?」

幼稚園の看板なのだが、なぜかリラックマ・デザインになっている。
こう言うところにもリラックマが使われているとは、なかなか恐るべし。

でも、親しみやすいキャラクターだと思うよ、リラックマは。

Continue reading "電柱にリラックマ" »

August 26, 2009

胡瓜の辛子漬け

DSCN2630.jpg

茄子と並ぶ夏野菜の代表格“胡瓜”。その辛子漬けである。
友人Jの店に出入りしている農家の方が漬けたものを、
お店に頼んで食べさせて貰っている。

辛子漬けと言っても、刺すような辛子の辛さは無く、
少し甘みを感じるような、いい塩梅に漬かっている。
いつもは浅漬け状態のものを頂いているのだが、
今回の写真は深漬け状態になっている。

・・・取り置きをして貰っていて、日が開いてしまったことが原因だ。
深漬け状態なので、いつもよりも酸味が強いが、これはこれで美味しい。

因みに胡瓜の種の多い部分が、私の好み。
あの部分に味が染み込んでるのがたまらなく美味しい。

そろそろ胡瓜もシーズンオフ。
おそらくこれが今シーズン食べ納めになりそう。
また来年の楽しみとしておこう。

August 25, 2009

緊急地震速報 発令!!

既にニュースで報じられている通り、今朝、関東地方に
緊急地震速報が発せられた。しかし、それは誤報だった。

06:35AM。いつも通り起床し、眠い目を擦り擦り着替えの用意を始める。

2分後、突如携帯電話が聞き慣れない音を立てて唸り始めた。

はて、電池切れか?
いや、昨夜充電したはずだ・・・。

余りのけたたましさに、慌てて端末を確認すると、
なんと画面には“緊急地震速報”と書いてあるではないか!

寝起きにこれは冗談がきつい!

10秒以内に揺れがくると思い、PCを押さえて身構える。
ところが、待てど暮らせど揺れは来ない・・・。

おかしい、どういう事なのだ・・・?

何ともなさそうなのでそそくさと着替えて、車に乗り込む。
ラジオをつければ、早速地震速報をやっていた。

おかしな事に、震源の情報が出ているにも関わらず、各地の震度が
報じられない。普通は各地の震度の方が先に分かるものだが・・・?

結局各地の震度はわからぬまま、仕事を始める。

昼休みにニュースをチェックすると、これが誤報だったと報じていた。

まぁ誤報で済んで良かった。
誤報の原因は、地震計ソフトの不具合だったらしい・・・。

まだ始まって日の浅いこのシステム。改善点は山ほどあろうが、
一つ一つクリアしてより良い物にして欲しいと思う。
世界有数の地震国には、必要なシステムだから。

いきなりこれが来られると、体は動かないものだな。
どうしよう・・・とあれこれ考えるのだが、頭を巡ることが多すぎて、
体を動かすことになかなか考えが回らない。

首都直下型地震が来たら、どうなるんだろうか・・・?

August 24, 2009

アマルフィ

アマルフィ・・・。言わずと知れたイタリアのリゾート地。・・・ではなく、
今回は織田裕二主演の映画についてである。

「・・・この映画、カットされている部分が多すぎる。」

映画館で観終わった後、私は一緒に観た友人達にそうぼやいた。
何とも言えない消化不良感・・・。これを解消すべく、翌日小説版を購入し
読み始める。私にとっては生まれて初めてのことだ。

ネタバレとなってしまうので、細かいことは書かないが、小説版は、映画とは
かなり展開が違う。初期プロットを元に書いたとの断りが後書きにあった。
だとすれば、随分と映画版は変更が加えれている。
制作費や撮影許可の都合があり、ばっさりとカットせざるを得ない部分が
相当あったと言うことなのかもしれない。

それ故なのか、映画版にはどことなく中途半端さを感じる。

フジテレビ50周年記念映画だというならば、製作費を確保し上映時間を
150分くらいにしてでも、もう少し初期プロットの要素を取り込めなかった
ものかと思う。

公開直前に、脚本家の名前がクレジットされていない件が話題になった。
脚本家と監督の2人で書き上げたと説明されていたが、
別の理由があるのではないかと勘ぐってみたくなる。
余所様のサイトでそんな記述を見かけ、実際に小説を読むと、
あぁなるほど・・・と思えてくるのだ。

話題作という事で期待していた分、がっかりしている。

August 23, 2009

さらば オリエント急行

“オリエント急行”が年内廃止となり、126年の歴史に幕が下りる。
このトピックスを今朝見た時はかなり驚いた。
オリエント急行といえば、世界的にも有名な列車。
豪華客車がフランス・パリからトルコ・イスタンブールをを目指す。

しかしそれも昔の話。

今ではフランス・ストラスブールとウィーン間の運行に縮小されている。
既に国際列車ではないのだ。(縮小されていることは私も知らなかった。)

以前フジテレビの企画で、オリエント急行の日本国内運行が実現した。企画を
知ったときは、まさかと思っていたが、本当に国内をあの豪華客車が走った。
記憶にある方も多いと思う。

私なんざ乗る機会すらなかったが、老舗の国際列車廃止を寂しく思っている。

さらば、オリエント急行。

Continue reading "さらば オリエント急行" »

角切りベーコンと茄子の塩味パスタ

DSCN2628.jpg

前回に続いて茄子を使ったパスタである。

今回はトマトソースがかかっておらず、ベーコンがスライスから
角切りに変わっている。ベーコンは私の好物の一つだが、
スライスよりも角切りの方が、食べ応えがあって嬉しい。

炒めた茄子と角切りベーコンのコンビネーションは、
流石に重量級なので、レモン汁をかけサッパリ感を出す。

茄子もそろそろシーズンオフ。
ゆく夏を惜しんで、茄子を食い溜めしておくか。

pomera

DSCN2625.jpg

今日、キングジムから発売されているpomeraを買った。

24,800円の値札を見て、幾らになるのか半分冗談のつもりで
店員さんに値段を確認してみる。

「17,000円にできますよ。」

え? 一声で7,800円も引くのか?
思わず買うと即答してしまった。
・・・元の値札表示はいったい何なのだ?

こいつの存在は、前々から気になっていた。
一見するとPCの様だが、実はテキスト文書入力専用マシン。
USB経由でPCと連携はできるが、通信機能は備わっていない。
メーカー曰く“デジタルメモ帳”だそうだ。

発売と同時に、かなり注目を集めたようで、売れたと聞いている。
しかし、私には中途半端な存在に思えたpomeraだったが、
どうやら仕事上の使い道ができそうで、購入を迷っていた。

そこへこの金額提示である。
某Kズ電器さんの策略にはまった気もしないでもないが、
まぁ、いいだろう。

このエントリの本文はpomeraで作成している。打ち心地はなかなか快適。
今まで外出先でのエントリ作成は、スマートフォンで行っていた。
だが、如何せんスマートフォンは小さい。打てるには打てるが、
あまり長時間掛けての作成は、バッテリー面からしても少々難がある。

それに比べて、折りたたみ式の大きなキーボードが付いたpomeraは、
桁違いに文書が打ちやすい。しかも、単4電池2本で動き、モノクロ液晶の
こいつはバッテリーの持ちも良い。

日頃持ち歩いておけば、デジカメで撮影した側から、ブログの
エントリ作成に威力を発揮してくれそうである。

Continue reading "pomera" »

August 20, 2009

新型 PlayStation3

9月3日に新型のPlayStation3が発売になるそうな。お値段は29,800円。
やっと“ゲームマシン”の値段になったと思う。

Wiiの圧勝要因として価格設定っていうのが、少なからずあったはずだ。
やっぱり“ゲームマシン”として、高価すぎたんだよPlayStation3は。

ハード的には、なんとかと言うレベルまで来たと思うので、
後は魅力的なソフトが揃うかに掛かっている。

エースコンバットシリーズはまだかいな・・・?

August 17, 2009

スモークサーモン・ベーコン・キャベツの塩味パスタ

DSCN2524.jpg

毎度おなじみ、茶緒さんのパスタである。
今回私が選んだのは、タイトルにあるパスタ。

腹ぺこだった私は、出てくるなりパスタを口に運ぶ。
口いっぱいに広がるスモークサーモンの香ばしさと、
キャベツの甘さ。あっさり系の味は、夏の弱った胃には良いかもしれない。

今回のパスタは珍しく普通盛り。何故なのか理由はかんたん。
もう一つ、別のパスタを頼んだからである。

DSCN2525.jpg

もう一つは“茄子とベーコンの塩味・トマトソースがけ”である。
以前食べた“ほうれん草とベーコンの塩味・トマトソースパスタ”を
旬の茄子に置き換えた夏バージョンとも言える。

先ほどのものと違い、こちらにはガーリックのスライスが入っている。
トマトソースが掛かっているので、先ほどのパスタよりも、味にパンチがある。

しかし、炒めた茄子って何故こんなに美味しいのだ?
2皿目のパスタだが、ポンポンと口に入る。・・・食べ過ぎか? 私?

2皿頼んだが、何も言わなくてもあっさり系のパスタを先に出してくるところに、
気配りを感じた。もし逆に出てきたら、スモークサーモンのパスタは、
きっと味気なく感じてしまったことだろう。

秋バージョンには、どんな旬の野菜が乗ってくるのか? 楽しみである。

August 16, 2009

空が高くなった

DSCN2533.jpg

いつの間にやら立秋が過ぎた。しかし蒸し暑い日が続いていたここ最近。
しかし盆休み最終になって空気が入れ替わったようだ。

暑さも若干収まったが、何よりも湿度が下がってカラッとした。

今日出掛けた時、車の窓越しにふと空をを見上げると、
夏の象徴・入道雲の姿はなく、秋の雲が広がっていた。

巻積雲、俗に“いわし雲”と言われている雲である。

低く群がる雲がないため、秋の空は夏に比べて高く感じる。
この雲を見ると、あぁ夏は終わったんだと思い、少しほっとする。

これからは美味しいものがいっぱい出てくる季節。
暑さに疲れた体を癒して、秋に備えよう。

August 08, 2009

チーフのお任せパスタ

090808_165150.jpg

今回のエントリは、久々に茶緒のパスタである。
カメラを持っていなかったため、携帯電話での撮影になってしまった。
個人的に写真に納得がいかないが、お許しを・・・。

この日お店に行った時間帯は、お昼のメニューが終わり
夜のメニューに代わる狭間の時間。

パスタを作ってくれるチーフは買い出しに行っているとの事で、
今は作れないと申し訳なさそうに告げられた。
オーダーを考えている間にチーフと連絡を取ってくれたらしく、
もうすぐ戻ってくるから、それまで待って頂けますかとの事。

せっかくそこまで気遣って頂いたので待つことにした。

程なくしてチーフは戻ったが、夜のメニューはまだ決まっていない。
なのでこちらに任せて頂けますかと言ってくれた。
もちろん、お任せする。

そして出てきたのは、「海老と茄子のアラビアータ」である。
唐辛子が苦手な私のために、辛さは控えてくれていた。

海老と春キャベツのクリームパスタの時もそうだったが、
レア気味の火加減で、海老のぷりぷり感を損なわずに
身の甘みを上手く引き出している。
炒めた油を吸った茄子も、こくがあって美味しい。

間食のせいで、それほどお腹が空いていなかった私だが、
パスタはするっと私の中に消えていったことは言うまでもない。

Continue reading "チーフのお任せパスタ" »

August 03, 2009

暑い・・・

夏なんだから当たり前だろうと言われてしまえばそれまでなのだが・・・。

昨日一昨日と比較的涼しかった千葉だが、今日は一転して気温が上昇。
いや、堪えた堪えた。一気に体が怠くなった。

まもなく立秋を迎えるが、暑さはこれからが本番かと思うと
先が思いやられる。はぁ・・・。

August 01, 2009

今日から8月

・・・のはずなのだが、妙に涼しいスタートとなった千葉の8月。
これを書いている現在の室温は26.2度。湿度は83%もあるが快適だ。

夏好きの方々には申し訳ないが、暑いのが苦手な私には
今日の気温は有り難い。

昼間暑くても、夜が過ごしやすければ
何とかしのげる。しかし、最近の夏は夜まで暑いから
堪ったものではない。

エルニーニョ現象がどうとか囁かれている今年の夏。
これで米が不作とかになったら、それはそれで
困りものだったりする。

ん~、難しいねぇ。

« July 2009 | Main | September 2009 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村