« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

February 22, 2009

リラックマストア東京店

去る2月20日、東京駅八重洲口地下街に、
リラックマストアがオープンした。

もちろん名前の通りリラックマの専門店。

大阪梅田に初出店して好評だったようで、
いよいよ東京にも進出である。

リラックマ教信者の私にとって、聖地みたいなところだなぁ。
ちょっと恥ずかしい気もするが、行くしかないだろ。

「行きたかったら、行っちゃえばいいんですよ」
もしリラックマが居たら、きっとこう言うんだろうな。

お店に入ったら、きっと表情が緩みっぱなしになるぞこりゃ。

カレー風味

DSCN2374 

先日茶緒さんで頂いてきた、 カレー風味のクリームパスタである。
具は、白身魚とブロッコリー、スナップエンドウ。

スナップエンドウっとなんだろうと思っていた。
私には馴染みの無かった名前である。

出てきたパスタを見てみると、写真のようにゴロンとした白身魚、
いっぱい入ったブロッコリー、そして鞘がプリプリのエンドウ。
スナップエンドウって、これの事かぁ・・・と思いつつ口に運ぶ。

お? 甘い。これ美味しいじゃない。見た目通りの鞘のプリプリした食感と
そこから出る甘み。これ癖になるな。ブロッコリー好きの私にとって、
それがいっぱい入っているのも嬉しい。白身魚の身は、カレー風味の
クリームソースのおかげで臭みもなく、旨みが引き出されていた。
火の通った魚の身があまり好きではない私でも、これは食べられる。
なによりも、カレー風味のクリームソースが食欲をそそった。

いつも通り大盛りで頼んでしまう私だが、個人的にはクリームパスタを
大盛りで頼むのは邪道だろうと思う。

冷めてくると、僅かといえどもクリームソースが固まってくる。
だから美味しく頂くには固まる前に食べきりたい。
しかし私の食事ペースはゆっくり目の上、猫舌と来ている。
せっかくのパスタを台無しにしかねない。

作り手側も承知の上、いろいろと試行錯誤しているし
そこが悩みどころだろうと察する。
なにか良い解決策は無いものだろうか・・・?

February 21, 2009

憂鬱な季節

立春も過ぎて、寒い中にも気温の変化が感じられる今日この頃。
確実に春の足音が聞こえてきている。

春。

梅の花が咲き、桜が咲く季節。
寒くもなく暑くもなく、自然の息吹を感じる季節。

・・・しかし、憂鬱な季節でもある。

そう、スギ花粉の季節。
今のところ私の体に症状は出ていないが、それも時間の問題。

春の晴れ間には、カメラ片手に花を撮りに行きたいところだが、
それも花粉症の状態次第だろう。

できることなら、偕楽園の梅や後楽園の桜を撮りに行きたいな。

February 15, 2009

貴婦人 駆ける

20090214_DSC0121

先日行われた試運転に続き、SL本走行の撮影に行ってきた。
この日はきちんとヘッドマークが付く。

今年は駅ホームでの撮影ではなく、内房線沿線で撮影に臨んだ。

いくつか思いついた場所を、google earthの衛星写真で確認する。
そのなかで、一番近場でお手頃そうな場所へ向かう事にした。

しかし、凄い時代になったものだと思う。
自宅のPCで衛星写真の確認が簡単にできるのだから。
インターネット様々だ。

2度と走らないと思っていたドリーム・ トレインが、目の前を再び駆け抜ける。
通過する遙か前から汽笛を響かせ、ゆっくりとした歩みで過ぎて行く。
ディーゼル機関車や電気機関車にはない、蒸気機関車ならでは息遣い。
これが見慣れぬ者の心を揺さぶる要素の1つだろう。

県外へ出掛ければ、SLが定期的に走っているところはある。
でも、やはり地元の路線をこうして走ってくれることに、私は意義があると思う。

千葉県内を、3年連続で走ったSL。この際だから来年以降も
年1回のペースで走って貰えないものだろうか・・・?

February 14, 2009

2009年の春1番

関東地方に春1番が吹いた。
おぉ、本格的な春も間近かぁ~・・・、などと呑気なことを普段なら言えるのだが、
今年のは違った。

暴風警報が千葉県北西部以外の地域に発令。荒れ狂う春の嵐だ。
元々春1番というのは、この春の嵐を警戒するための言葉だったらしい。
ならば、今年は言葉通りの暴風だったと言うことだろう。

ベランダのはがれたトタン屋根、どうするかなぁ・・・?

February 07, 2009

房総へ再びやって来たお客様 

20090207_DSC0046

2年前、内房線をSL「D51-498」が駆け抜けた。
だた1度切りになると思っていた、内房線地元区間でのSL走行。
それが今再び実現した。

前回走ったD51がトラブルに見舞われたため、会津を走る「C57-180」を急遽招聘。
貨物用のD型機関車ではない。正真正銘旅客用のC型機関車だ。

「C57」の愛称は“貴婦人”。そのスマートに見える姿から、そう呼ばれている。
走る時の息遣いも、力強さを感じさせるD51のそれと比べると、
優しく優雅に聞こえるのは気のせいだろうか?

D51の様な圧倒的な存在感とはひと味違った上品さを残し、
私の目の前を走り抜けていった。

ちなみに本日は試運転。
来週の本走行時は、何処で撮影しようか・・・?

February 05, 2009

健康診断

今日、去年受け損なっていた会社の健康診断を受けてきた。
千葉から東京まで出張っていくこととなった。

ここからは少々汚い話になるが、ご容赦を・・・。

健康診断と言えば、検便はつきもの。
当然私も受けるつもりでいたのだが、朝まるっきり出る気配がない。
・・・まぁいつものことである。
病院に着くまでには出るだろうと思っていたが、やはりその気配無し。
最悪病院でどうにかすればいいやと思い、電車の中でうたた寝をする。

我ながら余裕の道中であった。

さて病院に着き、受付で便の検体が無いことを告げると、今取るか
キャンセルか後日送付かの3択を示された。
後日送付っていうのもどうかと思ったので、トイレに行きチャレンジをする。

洗浄便座なのでオマル座りが出来ず、やむを得ず通常の座り方で臨む。
暫く息むと、少し出た。いや、検体を取るには充分だ。
準備を整えいざ採種と思った矢先、予想もしなかった事態が起こる。

さばぁぁぁぁぁぁぁ・・・。

「えええええええええええええええええ?」

いきなり水流が渦巻く。
そう、検体は流れ去ってしまった。このトイレ、自動洗浄だった!

私の努力は、まさに水の泡。
しばし呆然としたのち、気を取り直して再度検体産出に挑むが、もう無理。
出る気配すらない。
泣く泣く便の検査はキャンセルすることになった・・・。

今日は妙に眠く、途中の電車以外に、検査の待ち時間でもうたた寝する。
その所為か血圧を測ると92-66mmHg。最高血圧が100mmHgを切ることは、
私の体では時々あるのだが、健康診断では初の記録。完全に低血圧症の範疇だ。
過去に血圧が低すぎて、このままでは手術が出来ないと言われた事もある。

ちなみに、朝はそれほど弱くはないのだ。

胃の検査も受けたのでバリウムも飲んだ。しかし・・・。
これを書いている今の時間に至っても、全く出る気配無し。
もちろん下剤は服用済み。

果たして無事にバリウムは出てくるのか・・・?
それとも病院で処置する羽目になるのか・・・?

February 04, 2009

立春 2009

今年もこの日がやってきた。立春である。
暦の上では春を迎えたが、気象学上はまだ冬。
まだまだ寒い時期が続く。

昨日は節分だったが、豆を撒くのを忘れてしまい、
夜中に節分豆を食べるだけで済ませてしまった。
豆はもちろん昨年に続いて「リラックマふくまめ

うっかり歳の数以上食べてしまったのは、
この際気にせずにおこう。

« January 2009 | Main | March 2009 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村