« 2台目のPSP | Main | 田島商店のラーメン »

October 06, 2007

CEATEC JAPAN 2007 行ってきた

DSCN1666

ソニー入魂の「有機ELテレビ」を見てきた。
11インチというサイズだが、とても綺麗な画面だった。
コントラスト比100万:1は伊達じゃない。
暗い部分もしっかり表示されていたし、光の部分も
白飛びが少ないように見えた。まぁ、元映像にも依るのだろう。
店頭での比較展示が早く見てみたい。

他の方式・・・液晶&プラズマだが、残像感やちらつきは
あまり感じられなかった。さすがに技術の進歩ね。

デモ映像は、そのディスプレイに最適化されているって
噂を聞いた事があるので、やはり店頭で同じ映像を見ながら
比較してみたい。

どこのメーカーだか忘れたけど、超至近距離で100インチ画像が出せる
プロジェクターが出展されていた。下部に向けて画像のゆがみや、
フォーカスの甘さがあったが、発売までには解消するとの説明だったので、
ちょっと興味が湧いてきた。

去年は速攻で帰ってきたけど、今回は一通りは回った。
一番印象に残ったのは、auブースにあった端末の展示台だな。
展示物をぴたっと貼り付けるようにして保持する台。
あれ欲しいぞ。どこで手にはいるのか、気になるな。

« 2台目のPSP | Main | 田島商店のラーメン »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92974/16680732

Listed below are links to weblogs that reference CEATEC JAPAN 2007 行ってきた:

» ねこ鍋 [ねこ鍋]
ねこ鍋・ねこなべ・ネコ鍋・ネコナベ・猫鍋 [Read More]

« 2台目のPSP | Main | 田島商店のラーメン »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村