« 房総にやって来た お客様 | Main | 立春だね »

February 01, 2007

ドリームトレイン

先日のエントリで書いたD51。
本日が本走行だったので、きちんとお休みを頂いて撮影してきた。

DSCN1406

ディーゼル機関車に牽かれて、千葉駅へと向かうD51。 
既に火が入れられて、稼働可能な状態になっている。
私の待っている駅を通過する5分も前から、その汽笛は響いてきた。

テンション上がるねぇ。

試運転の時もそうだったが、存在を誇示するかのように、
ひっきりなしに汽笛を響かせるD51。引っ張るディーゼル機関車も
それに呼応するように、甲高い音の警笛を短く鳴らす。

やがてゆっくりとした足取りで、列車は通り過ぎていく。
転向の都合上、写真のような形で牽かれてはいるが、迫力は充分。
そこで待っていろと言わんばかりに、汽笛を鳴らして去っていった。

その後待つこと、約50分。

再び遠くに汽笛が聞こえ始める。・・・いよいよ来た。
1分遅れと駅の放送が告げる。

DSCN1407

遠くのカーブに、黒い巨体が姿を見せる。
煙を少しあげ、白い蒸気を噴きながらこちらへとやってくる。

ホームに集まったギャラリーを警戒してか、先ほど響かせた
存在を誇示するかのような長めの汽笛とは違い、短く何度も
鳴らしながら通過していく。

運転士の表情も、試運転の時の様な笑顔ではなく、
厳しい目つきを進行方向に向け、緊張を漲らせていた。

地元の内房線に蒸気機関車が走る姿を見ることが出来るとは、
本当に夢にも思っていなかった事だ。
当時走っていた機関車ならばなお良かったのだろうが、
D51が走ったのを見られただけでも、私は充分に感動した。

たった1度きりのドリームトレインは、強烈な印象を与えて
私の目の前から去っていった。
いつまでも、汽笛を響かせながら・・・。

« 房総にやって来た お客様 | Main | 立春だね »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 房総にやって来た お客様 | Main | 立春だね »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村