« 左手小指  | Main | 青い目の台風 »

August 31, 2006

500系

500系と言えば、言わずと知れた東海道・山陽新幹線「のぞみ」の車両である。

時速300kmを叩き出すこの車両。
既存の鉄道車両では考えられなかった長く伸びた先頭形状と
丸い断面の車体は、あまりにも有名だ。

その500系も、来年夏頃に東海道新幹線から引退する。

1997年のデビューから今年で10年。通常の鉄道車両が20年以上
使われる事を考えると早すぎる感じがする。

しかしそれは裏を返すと、東海道新幹線の線路の上で
長きに渡って現役を続けることが困難であることを意味する。

時代の求めに応じて第一級の速さと快適性を提供するために、
新幹線には常に最新技術が投入されて来た。

500系は敢えて快適性を犠牲にした。
全ては時速300kmで走るために。

技術は10年経って、速さを確保しつつも快適性を得られるように進化した。
そして次世代車両のN700系が誕生した。

超高速で走り続ける新幹線は、車体の痛みも早い。
新幹線の車両というのは、比較的短命なのだ。

「のぞみ=500系」の図式を作った車両が引退するのは寂しさを感じるが、
それが時代の流れなのならば、仕方あるまい。

あと1年、頑張れ500系。

« 左手小指  | Main | 青い目の台風 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92974/11711241

Listed below are links to weblogs that reference 500系:

« 左手小指  | Main | 青い目の台風 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村