« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

August 31, 2006

500系

500系と言えば、言わずと知れた東海道・山陽新幹線「のぞみ」の車両である。

時速300kmを叩き出すこの車両。
既存の鉄道車両では考えられなかった長く伸びた先頭形状と
丸い断面の車体は、あまりにも有名だ。

その500系も、来年夏頃に東海道新幹線から引退する。

1997年のデビューから今年で10年。通常の鉄道車両が20年以上
使われる事を考えると早すぎる感じがする。

しかしそれは裏を返すと、東海道新幹線の線路の上で
長きに渡って現役を続けることが困難であることを意味する。

時代の求めに応じて第一級の速さと快適性を提供するために、
新幹線には常に最新技術が投入されて来た。

500系は敢えて快適性を犠牲にした。
全ては時速300kmで走るために。

技術は10年経って、速さを確保しつつも快適性を得られるように進化した。
そして次世代車両のN700系が誕生した。

超高速で走り続ける新幹線は、車体の痛みも早い。
新幹線の車両というのは、比較的短命なのだ。

「のぞみ=500系」の図式を作った車両が引退するのは寂しさを感じるが、
それが時代の流れなのならば、仕方あるまい。

あと1年、頑張れ500系。

August 30, 2006

左手小指 

先週切った左手の小指だが、昨日めでたく抜糸できた。
経過は順調のようで、今日で医者通いもお終い。

昨日病院で抜糸してもらった後処置のとき、看護士のお姉さまと1対1になった。
黙っているのもなんだと思い話かける。

赤みを帯びた指先が目を引いた。

 「指先赤いですね。血行いいのかな?」
「・・・・・。」

 黙々と処置を続ける看護士さん。
あら、知らん顔されたと思ったとき、いきなり口を開く。

 

 

「へ? あ、あたし?」

 

 

その場所には私と看護士さんしかいない。
あんた以外に、誰に話かけるねん!

 うーん、外したよ。まったく。

August 29, 2006

ブログ1周年

このブログも8月27日で、書き始めから1年経った。

さぼった日も結構あったが、1年で約300エントリは書いた方だろ。
くだらない内容だが、頑張って続けていこうと思う。

数少ないながらも定期的に見に来てくださる皆様、
拙い内容だけど、今後ともよろしく。

August 27, 2006

道端の小さな草花

DSCN1311

今日出かけるときに目に止まった小さな草花。
植物には明るくないので、何の花だかは分からない。
花びらの紫が目を引いたので、手持ちのデジカメで撮影した。

アスファルトのわずかな隙間から芽を出し育った小さな草花。
植物は逞しいと、つくづく思う。

どなたかこの花ご存じないだろうか・・・?

August 25, 2006

冥王の地位

惑星から格下げされてしまった冥王の星。

慣れ親しんだ名前の星だから、思うところはあるさ。
謎のベールに包まれたまま、深淵の闇の中で冥王は何を思うだろうか・・・?

August 24, 2006

どうなる?冥王

降って沸いたような冥王星の惑星格下げ問題。
いよいよ採決の時が来た。

惑星に留まるのか。それとも格下げか・・・?
冥王の運命は、まもなく決まる。

慣れ親しんだ冥王星の名前が、このまま惑星として残って欲しいなぁ。

August 23, 2006

やってもうた

いやいや、久しぶりにやってもうた。
左手小指を2針縫う怪我。

切った直後、血が止まらなくてかなり焦った。

 男は出血というものに慣れていない。
流石にヤバイと思い医者に行く。

「傷深いね。縫っておこうか。」

 ・・・うわ、縫うのか。麻酔嫌だな。
と思っているうちに、小指の付け根へ針が刺さる。

これでもかと言わんばかりに麻酔薬が入る(大袈裟か・・・)。

 その後は感覚が無くなり、何をやっているのだかさっぱり。
あっという間に終わっていた。
針が刺さる感覚がわかりそうで嫌だったが、それもなく終了。

いやいや。怪我はしたくないよ、まったく・・・。

August 19, 2006

Butterfly with Blue Line

タイトルの表記が正しいのか、ちょっと自信ないのだが、アオスジアゲハである。

今日友人との待ち合わせ時間までの間、スターバックスで時間を潰していた。
窓の外に大きな木があり、その上をひらひらと蝶が舞う。
この蝶がアオスジアゲハだった。

ひらひらと・・・という飛び方の表現は正しくないかも知れない。

この蝶はせわしなく羽を羽ばたかせ、速く飛ぶ。
他の蝶よりも尖った形状の羽は、そのために必要なのだろう。

子供の頃、その速さに振り回され、なかなか捕まえることができなかった。

しかも彼らの好む花は、子供にはなかなか手の届かない高い木の上。
捕らえるには長い竿のついた網が必要になるが、子供の力だと長い網を
素早く振り回すのは難しい。 虫採り好きな子供だったので、何度も採りに出
かけたが、結局数匹しか捕まえた事が無い。
私にとってあこがれの蝶だった。

青いラインの入った羽を羽ばたかせるこの蝶を、
今でも特別な思いで見つめている。

August 15, 2006

東京大停電の後始末

昨日の東京大停電は、 やはりニュースで大きく取り上げられた。
送電は、復旧された送電線を使って今日にも再開されたようだ。

そうなると話は賠償問題に移ってくる。

あれだけの事態となると、賠償金もかなりの高額になるはず。
関係者の間で責任の擦り合いになるなだろう。
いや、既に始まっているよな、擦り合い。

この後始末、いったいどうなる事やら・・・?

Continue reading "東京大停電の後始末" »

August 14, 2006

東京大停電

朝起きて、ネットのニュースサイトを見てびっくり。

「おいおい、朝っぱらから雷神様が暴れ回っているのか?」

東京大停電である。

クレーン船が旧江戸川の送電線を引っかけたのだとか。
交通機関にもかなりの影響が出ているようだ。

しかし、首都圏の電力って何本もの送電線をつなげてバックアップしてあり、
一つ二つ切れたぐらいでは、大規模停電が起きないようになっていたと
思っていたのだが、そうでもなかったのか?

先日は雷神様の一撃で、山手線が止まったばかり。
JR東日本も災難続きだな。

August 12, 2006

雷雨の後

午後の雷雨が通り過ぎた後、
冷たい空気が入り込んできたようで、気温がグッと下がった。

昨夜は暑くて寝苦しかったけど、今夜はよく眠れそうだ。
ちょっと安心。

秋の虫

自宅の庭で、秋の虫のひとつ、ハヤシノウマオイが鳴き始めた。
まだ当分残暑が続くのだが、確実に秋は始まっている。

セミの声も変わり始めた。
ニイニイゼミに代わり、ミンミンゼミが鳴く。
もうしばらくして、ツクツクボウシが鳴き始めたら、
暑い季節も終わりが近い。

雷ゴロゴロ

今日、馴染みの喫茶店で昼食を取っていた時の事。
急に空が暗くなり出した。

天気予報では、大気の状態が不安定なため、
所によって激しい雷雨が・・・とか言っていた。

「どうやら降り出すなぁ・・・。」

と思った矢先、いきなりバチバチッと音がしたかと思うと、
ドドーンと雷鳴が轟いた。只でさえ雷が苦手な私は、心底驚いた。

「・・・ぉぉぉぉおお・・・、落ちた落ちた。」

近くにあった携帯電話の電波塔に落ちたらしい。
落雷の時、直前にバチバチッとスパークの音がするなど、
私は初めて知った。

それから10分くらいして店を出ると、
細長い黒雲が東の方へ移動していくのが見えた。
この黒雲はかなり強いらしく、ひっきりなしに地上へ稲妻が走っていた。

「あの雲、なんか気合い入っているなぁ・・・。」

長らく住んでいる地元で、こんな強い雷雲は見た覚えがない。
雷はカンベンですよ、本当に。

August 10, 2006

2006年8月10日のたわ言

最近、妙に気になっていることがある。

√2、数字に直すと1.41421356・・・と限りなく続く事で有名だが、
実はこれには終わりがあるのでは・・・? と思いだした。

 まぁ、このネタは今に始まったことではない。
ずっと昔から議論されていることなのだろう、ネットで検索すると
いろいろと出てくる。

なんでこの様なことをいきなり思ったのかというと、
下のような3角形を描いたとき、誰でも普通に描けるだろう。


20060810_01

この図形の中に、√2は限りのある形で現れる。
そう、3角形の斜辺として。

こうして両端が決まる物が、数字で表すと表しきれない。
それっておかしいだろ?

どなたか明快な答えをご存じないですかい?

August 09, 2006

台風7号

どうやら関東地方に狙いを定めたらしい台風7号。
今さっきニュースを見たのだが、紀伊半島の南で思い切り東へターンしたな。
う~ん、正直関東には来ないと思っていた・・・。

夏台風は迷走し易いから、進路予想をする方も大変だろうな。

被害が少ないことを祈るよ。

August 08, 2006

立秋

今日は立秋。まだ暑いが、暦の上ではもう秋。
これから出す葉書は「暑中見舞い」から「残暑見舞い」に変わる。

しかし、暑くなるのはこれからが本番。
正直カンベンして欲しいな・・・。

August 07, 2006

鴨焼き

DSCN1176

鴨焼き・・・鴨肉を焼いた物である。
鴨も鳥だからと言って、鶏の肉を想像していると驚くかも知れない。

鴨の肉は、鶏の肉と比べるとだいぶ脂があるが、これが旨い。
獣肉に比べて臭みが少ないので、塩味で頂くのが良いと思う。


値段が張るのが難点だな。
でもこれを丼に盛って、鴨焼き丼とかやってみたい。今度Jに頼むか。

August 06, 2006

友人SJ

前のエントリで少し触れた、悪魔のように恐れられている男SJ。
友人J(ジャイアン)も、彼奴こそジャイアンだと言っているので、
ここでの呼び名を“スーパージャイアン(SJ)”に決定した。
所帯を持ってからは少々丸くはなったのだが、以前はとんでもなかった。

そろそろ寝ようかと思っていた平和な週末の夜。いきなり電話が鳴る。

 

私:「もしもし?」

SJ:「ちゃっぴぃ。今から走りに行くぞ」

私:「はぁ?」

 

SJはいわゆる走り屋さん。しっかりライセンスも取得して
ラリードライバーにもなった。

 

SJ:「待ち合わせは・・・○○な。」

私:「いや、オレこれから寝るんだけどさ・・・。」

SJ:「ちゃっぴぃ! 気合いが足らねぇ!!!

 

電話は切れる・・・。
そして後日会ったときにSJは説教をたれる。
いや大変だったのだこれが。

何事も気合いで片付けられそうになるから、始末が悪い。

一番最近の出来事は、SJが酔っぱらって電車で寝過ごし、
帰宅不能に陥ったときのことだ。

友人Jと遊びに行った帰り、夜中の1時過ぎに私の携帯電話にメールが入る。

 

“帰れない・・・。どうしよう。”

 

いきなりの帰れないメールに当惑する私とJ。とりあえず電話をして話を聞くと、
新宿で呑んだ後、千葉方面に帰るつもりが高尾方面に乗ってしまったらしい。
目が覚めると聞いたこともないような駅で止まっていて、上り方面最終との
アナウンスを聞いて、反対側の電車に飛び乗ったという・・・。

聞いたときは、呆れて物も言えなかった。

今乗っている電車は中野までしか行かないから、私にそこまで車で迎えに来て
欲しいと言われた。しかし、私もJも中野など車で行ったことがない。

 

私:「オレは中野駅までの道は知らないぞ!」
SJ:「大丈夫。ちゃっぴぃなら気合いで何とかなるから。」
私:「いくらオレでもナビのない車で、地図もない所に行けるわけ無いだろ!!」
SJ:「ちゃっぴぃ、気合いが足らねぇ!

私:「気合いが足らないのはお前だ!

 

見かねたJが、行くことを決断する。ちなみにナビ付き。
さすがのSJも悪いと思ったらしく、謝ってきた。

もう5ヶ月も経つのだが、その後もSJはジャイアンぶりを発揮している。

August 05, 2006

ポートタワーの花火大会

DSCN1245

千葉ポートタワーの花火大会に行って来た。
私の住んでいる辺りでは人気の高い。毎年かなり混雑する。

去年は一度も見なかったから、久しぶりの花火だ。

手持ちのデジカメで何とか頑張って撮れたのが上の写真。
一応、ポートタワーに掛かる花火を撮した。

風向きが悪く、私たちが見ている方に煙が来るため、スターマインとかが
打ちあがると、後の方の花火が煙に隠れてしまうのが残念だった。

ちなみに、今回はいつもの友人Jではなく、友人SJとその家族と行った。
この男、私を含めて友人たちからは、悪魔のように恐れられている。
その話はまた後日、別エントリで。

August 04, 2006

W-ZERO3[es] 購入

DSCN1208

年末までに導入しようかと思っていたが、 物欲に負けて今日買って来た。
先週勢いで買おうかと思ったのだが、W-SIM無しだと色が白しかなかったので中止。
週末には入荷すると睨んでショップに電話すると、案の定在庫が有った。
店員さんにお願いして取り置きをしておいて貰った。

W-ZERO3よりも一回り小さいので、確かに持ち運びには便利だな。
内蔵のキーボードは予想よりも打ちづらい。でもすぐに慣れるだろう。
ボディのエンボス加工は、指紋が目立たなくてとても好感が持てる。
頻繁に素手で触るものだから、艶々ボディだとすぐに指紋が目立つ。

両サイドに装備されている端子類の蓋がチャチ。こじ開ける蓋ばかり。
もう少し何とかならなかったものかと思う。

平日はW-ZERO3、週末はW-ZERO3[es]と使い分けることにしよう。

August 02, 2006

スパムメール

毎度飽きもせずにスパムメール。私のところには1日平均70通くらい届く。
フィルタリングソフトを使って仕分けしているから、自動的に始末されるのだが、
何通かは誤って仕分けされてしまう。

アテにならない差出人とタイトルを一応は確認する。手を代え品を代え、
毎日いろいろなタイトルのものが来る。 同窓会の案内だとか、当選しましたとか・・・。
ほとんどは読まずに捨てる。

スパム対応の基本なのだが、中にはあれっ?っと思うものもある。
そう、差出人が知り合いの名前だったときだ。

先日同窓会があったのだが、その後そのとき来ていた同窓生の名前でメールが
来るようになった。偶然なのだが、やはり知り合いの名前を見ると確認してしまう。
今のところ特に被害は被っていないので放置している。

知り合い名のメールには、念のためご用心を・・・。

« July 2006 | Main | September 2006 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村