« 台風7号 | Main | 雷ゴロゴロ »

August 10, 2006

2006年8月10日のたわ言

最近、妙に気になっていることがある。

√2、数字に直すと1.41421356・・・と限りなく続く事で有名だが、
実はこれには終わりがあるのでは・・・? と思いだした。

 まぁ、このネタは今に始まったことではない。
ずっと昔から議論されていることなのだろう、ネットで検索すると
いろいろと出てくる。

なんでこの様なことをいきなり思ったのかというと、
下のような3角形を描いたとき、誰でも普通に描けるだろう。


20060810_01

この図形の中に、√2は限りのある形で現れる。
そう、3角形の斜辺として。

こうして両端が決まる物が、数字で表すと表しきれない。
それっておかしいだろ?

どなたか明快な答えをご存じないですかい?

« 台風7号 | Main | 雷ゴロゴロ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92974/11375923

Listed below are links to weblogs that reference 2006年8月10日のたわ言:

« 台風7号 | Main | 雷ゴロゴロ »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村