« ダヴィンチ・コードとインサイド・マン | Main | ガラスの爪研ぎ »

June 11, 2006

真夜中の事故

昨夜友人とインサイド・マンを観た帰りの事。
友人の車に乗って真夜中の県道を走行中、いきなり路肩に人が倒れていた。

車を止めてその人の元に走る。同時に向かい側から車がゆっくりと接近してくる。
見るとフロントガラスに大きなヒビが入っている。・・・人身事故だ。

すぐに救急車を呼び、倒れている人に話しかける。幸い意識はあった。
当のドライバーは気が動転していたらしく、何が起こったのかわからない様子。
偶然目撃したドライバーの話に寄れば、歩行者が飛び出してきたとの事。

私が電話してから5分くらいで救急車が到着。
警察が到着するまではさらに30分掛かった。

ここでおかしいと思ったのは、警察の対応。
事故を起こしたドライバーの話を聞くのはもちろんとしても、
目撃者の話は一切聞かない。名前と連絡先だけを聞いて帰してしまったのだ。

・・・なんで? これが通常の対応なのか?
私は事故の瞬間を見ていないので、答えることはできないが、
見ていた人がいるのだから、話を聞くべきではないのか?
警察官6人で、ドライバーを取り囲んで威圧的に話をしている・・・。

いいのか? これで?

参考までに、担当は市原警察署だ。

« ダヴィンチ・コードとインサイド・マン | Main | ガラスの爪研ぎ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92974/10480095

Listed below are links to weblogs that reference 真夜中の事故:

« ダヴィンチ・コードとインサイド・マン | Main | ガラスの爪研ぎ »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村