« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

June 30, 2006

素麺

 DSCN1058

昨日ほどではなかったが、今日も千葉は暑かった。
こう暑い日が続くと食べたくなるものが素麺。私の大好物だ。

自宅で食べるときは大体5束くらい茹でる。
これを氷水を張った硝子の器にひと口分ずつ小分けにして盛る。
後は薬味に葉葱と茗荷、めんつゆを割る氷水を用意。

ひと口分箸に取り、適当に薬味を入れためんつゆに1/4位つけて、
そのまま一気に口の中へ。一度麺を取ったら口に入れるまで箸を離さない。
パッと掴んで、チャッと付けて、ヒョイっと口の中へ・・・が私の食べ方。

前の会社に居たときは、会社宛に届いたお中元をクジ引きで社員に配っていた。
私は運良く毎回素麺の詰め合わせを引いていたので困らなかったのだが、
今年からはそれが無い。

自腹切って買ってくるかぁ。

June 29, 2006

ノーブルピンクのDS Lite

7月20日に発売なんだってね。ノーブルピンクのDS Lite。
何で発売当初からこの色がなかったのか謎だ。

最近、週末の午前中とかなら手に入るようになってきたDS Lite。
これでまた品不足が悪化しなければいいのだけれど・・・。

後はグリーン系の色が追加されると良いと思う。
ミントグリーンとかライムグリーンとか。結構マッチすると思うのだが。

2006年6月29日のたわ言

ここ2日間暑い日が続いた。
梅雨寒を期待しているのだが、なかなかそうも行かないな。

これからしばらく寝苦しい夜が続く時期。
ブ厚い布団に包まって寝るのが好きな私は、この季節が苦手なのだ。
しかも蚊が居るし・・・。足の指なんざ刺されたりしたひにゃ、もう最悪。

うーん・・・、涼しい季節が恋しい。

June 28, 2006

CANONのチーズケーキ

DSCN1041

先月、私の地元に古民家を改装したレストランが出来た。
お店の名前は「CANON」

早速行ってみると、美味しそうなレアチーズケーキをケースの中に発見。
もちろんこれを注文して食べてみた。

甘さ控えめのレアチーズケーキに、おそらく自家製のブルーベリーソースがかかる。
このソースも甘さ控えめで、ふんわりしたレアチーズとよく合う。
このケーキ、写真ではわかりづらいが実は結構大きく、なかなか食べ応えがある。

あ・・・値段忘れた・・・。確か¥400位だったと思う。

地元の割に行く機会は少ないと思うが、定期的に食べに行こう。

June 27, 2006

仕事ひと段落

先月から続いていた大仕事が、無事に片付いた。
土日・徹夜・変則シフト・・・。まぁ、大分振り回された。

昨日・一昨日は、久しぶりの普通の週末。
土日のありがたみを今更ながら痛感した。

残業代も結構入ったし、来月はボーナス出るし、
以前から欲しかったニコンのD200を買おうかな。

June 12, 2006

ガラスの爪研ぎ

Dscn1056

池袋の東急ハンズにて購入した、強化ガラス製の爪研ぎ(¥1,050)。
よく削れるという噂を聞き、前々から欲しいと思っていた。

早速試してみたのだが、確かによく削れる。爪切りに付属している爪研ぎよりも
かなり削りやすい。これに慣れたら、爪切りの爪研ぎは使えないなぁ。

June 11, 2006

真夜中の事故

昨夜友人とインサイド・マンを観た帰りの事。
友人の車に乗って真夜中の県道を走行中、いきなり路肩に人が倒れていた。

車を止めてその人の元に走る。同時に向かい側から車がゆっくりと接近してくる。
見るとフロントガラスに大きなヒビが入っている。・・・人身事故だ。

すぐに救急車を呼び、倒れている人に話しかける。幸い意識はあった。
当のドライバーは気が動転していたらしく、何が起こったのかわからない様子。
偶然目撃したドライバーの話に寄れば、歩行者が飛び出してきたとの事。

私が電話してから5分くらいで救急車が到着。
警察が到着するまではさらに30分掛かった。

ここでおかしいと思ったのは、警察の対応。
事故を起こしたドライバーの話を聞くのはもちろんとしても、
目撃者の話は一切聞かない。名前と連絡先だけを聞いて帰してしまったのだ。

・・・なんで? これが通常の対応なのか?
私は事故の瞬間を見ていないので、答えることはできないが、
見ていた人がいるのだから、話を聞くべきではないのか?
警察官6人で、ドライバーを取り囲んで威圧的に話をしている・・・。

いいのか? これで?

参考までに、担当は市原警察署だ。

June 10, 2006

ダヴィンチ・コードとインサイド・マン

2日連続で映画を観に行った。
友人に映画好きが何人か居るので、一緒に観に行こうと言う話も出るのだが、
あの暗い部屋に2時間も籠もるのが面倒くさくて、なかなか足が動かない。
よほど観たいと思った映画でもない限り、私が行くことはない。

そんな私が観に行ったのは話題の「ダヴィンチ・コード」と
昨日封切りの「インサイド・マン」

ダヴィンチ・コードは上映時間が長かったが、最後まで飽きずに観られた。
DVD出たら絶対に買って、もう一度観たい。

インサイド・マンは消化不良だな。予告編が目を引いたのと、
ジョディ・フォスター目当で行ったのだが、もう少し・・・こう・・・なぁ。
公開されたばかりだから、あまり詳しくは書くまい。

次は「ウルトラヴァイオレット」を観に行く予定。

June 09, 2006

雨の景色

雨の景色

関東地方も梅雨入り間近。昼食時にW−ZERO3のカメラテストを兼ねて、
雨の写真を撮影してみた。
個人的は梅雨時のシトシト雨よりも、ザーッと降ってパッと止む
にわか雨の方が好きだな。

June 08, 2006

ウサギ その2

Dscn1047 以前のエントリで書いたウサギ君、再びの登場。
Jの店の駐車場にいきなり現れたウサギ君。生えている草を少々かじって
動かなくなったところを、そーっと近づいて撮影。
・・・しかし半目開けて警戒しているんだよなぁ。

ウサギは可愛いのだけど、なかなか人に懐かないね。

Jの店に居候しているらしいが、いつまでここに居るのやら・・・?

June 07, 2006

鴨の皮

Dscn1044

今日、鴨の皮を食べてみた。
事の発端は、友人Jの店で焼鳥を頼む時に「できれば鳥皮多めが良いなぁ」と
言ったことだ。

私は鳥の皮が大好物なのだ。しかもパリパリ系ではなく、
ちょっと脂っこいシナシナ系が。
子供の頃、夕飯に鶏の唐揚げが出るとササミが好きな父親とよく交換したりした。
今でもスーパーで売っているのを見かけると、必ずと言っていいほど買ってくる。

さて、鴨の皮である。
鳥皮多めと我侭を言った私に対して、Jは鴨の皮を焼いてやると言った。
脂っこいぞと断りを入れてきたが、そんなことはお構いなし。

皮と言うから鶏の皮みたいな物を想像していたのだが、実際は全く違う。
早速塩を付けて頂く。・・・確かに脂っこいが旨い。
少々臭みがあったので、できれば胡椒を強めに効かした方がもっと旨いだろう。

なかなか手間の掛かる物らしく、言えば必ず出せる物ではないらしい。
また機会があったら食べてみよう。今度は辛口の日本酒のつまみとして。

« May 2006 | Main | July 2006 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村