« March 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

April 30, 2006

こいのぼり

Dscn1013 友人とドライブ途中、この光景を見つけた。
端午の節句が近づいてくると、あちこちで見られる。

私の家の近くでもやっている。

こいのぼりといえば、吹流しと真鯉・緋鯉だったのだが、
青・緑・紫・橙と、いつの間にやら子供たちが増えた。

それらを一堂に会してこの様に泳がせると圧巻だな。
末永く続けて欲しい行事である。

April 24, 2006

初鰹 サラダ風

Dscn1004 初鰹の季節がやってきた。
いつもごとく友人Jが、お店で提供してくれる。

私は初鰹を旨いとは思っていない。
秋に出回る戻り鰹の方が、脂がのっていて旨い。
(昨年秋に食べた戻り鰹は、別項参照

初鰹を旨くないと言う私に対し、Jは一捻りしてきた。

スライスしたトマトの上に鰹を乗せ、レタスを敷いた皿に盛る。その上に
ツマとパセリのみじん切り、さらに生姜+レモンベースのタレをかけた。
J曰く、サラダ風にしてみたのだそうな。カルパッチョかと思ったが、
マヨネーズがかかっていないから、サラダだなこりゃ。

とにかくひとつ口に放り込んでみると、これが旨かった。
初鰹の脂がないことを逆手にとるとは。
トマトと鰹の味がきっちりかみ合っている。

戻り鰹でこれをやったら、脂の味が邪魔になるだろう。

April 19, 2006

神田の蕎麦屋

Dscn0998 Jとメイド喫茶に行った日に、秋葉原まで行ったのだからついでにということで、
神田の「まつや」と「やぶ」に寄ってきた。

まずは「まつや」に向かう。

古い建物入り口をくぐると。少し暗めの店内にはお客がびっしり。
時計の針は16時を過ぎた位だが、それでこの混み様は凄いと思った。

以前Jから、蕎麦屋は本来酒を飲む処と聞いていたのだが、
「まつや」に入ってそれを実感する。ほとんどの席に酒が
出ているのだ。確かに、蕎麦屋の品書にはつまみになる物が多い。

私とJは、盛り蕎麦を頼む。少し待つと盛り蕎麦が運ばれてくる。
早速甘めのそばつゆに少し付けて、口に放り込んだ。

ん~美味い。さすがはまつや。
余談だが、Jの店はここの暖簾を分けてもらっている。
それだけに味は負けていないと思う。
但し土地柄を考えてか、付け汁はここよりも辛めになっている。

食べ終わると、すぐに裏手にある「やぶ」へ移動する。

こちらはまつやよりもゆったりした店構えだ。
小さいながら庭もあって、それを見ながら落ち着くこともできる。
こちらでも盛り蕎麦を頼もうとしていたのだが、
「じゅんさいそば」なるものを発見し、そちらを頼む。

おろし生姜・茗荷・オクラ、そしてじゅんさいが入っている。
これをかき混ぜてから頂く。
美味しかったのだが、つゆの量が多く少々塩辛く感じた。
つゆは徳利にでも入れてもらって、好みの量が入れられるように
なっていれば、もっと美味しかったと思うと残念でならない。

2店とも秋葉原から近いことだし、買い物の帰りに寄ってみるのもいいかも。

April 18, 2006

踏み込んでみた

昨日は休みだったので、月曜日休みの友人Jと出掛けることに。

私は秋葉原に行くつもりだったのだが、事前にどこか
行ってみたい所があるかとJに聞くと・・・。

私:「え? メイド喫茶ぁ?」
J:「試しに一度行ってみたかったんだ。」

おいおい・・・。パソコンのパーツを買いに行くつもりが、
いきなりとんでもない方向に話が転んだな。
それでも、一応ネットで下調べをする。

検索画面に出てきた紹介ページを見て、私は思わず怯んだ。
萌え萌えの画面が表示され、妙な歌が流れる。

・・・こ、こんな所に行くのか・・・?

一気にテンションが下がる私。
しかし、Jは楽しみにしている。私からどこへ行くと聞いた以上、
引き下がる訳には行かない。

そして、いざメイド喫茶へ踏み込む・・・。
入り口からちらっとメイドの姿が見えた。

・・・うわっ・・・本当にメイド姿だ・・・。

なんか昔初めてパブに行ったときの気分を思い出した。

「お帰りなさいませ!ご主人様!」

さらに怯む私。

Jがタバコを吸うので喫煙席へ案内してもらう。
その後オーダーした飲み物が運ばれてくる。
びっくりしたのが、紅茶に砂糖を入れて掻き混ぜてくれることだ。

・・・う~ん、さすがメイド。妙な関心をしてしまう。

30分ぐらい過ごして出てきたのだが、J曰く・・・

「う~ん、次は無いな~。」

しかしJの目は笑っていた。あ~、こいつは気に入ったんだな。
またいつか行くことになるかも知れん。

April 17, 2006

大和ミュージアム

Dscn0980 先週末、広島県呉市にある大和ミュージアムに友人たちと行って来た。
写真は1/10模型なのだが、元が大きいだけに模型も大きい。

展示されている資料を見ると、当時の先端技術が随所に使われているのがわかる。
中には今の技術を以てしても、製造が困難な物もあるそうだ。

ミュージアムには、先の大戦における悲惨な状況を伝える資料も展示されていた。
それらの資料に目を通すと、やはり胸が痛くなる。
月並みな言葉だが、この様なことを二度と繰り返してはならないと思う。

大和の凄さと、戦争の悲惨さを改めて認識させられた訪問だった。

April 16, 2006

トントロ・スモーク

Dscn0958 トントロのスモークした物を買ってきて食してみた。
以前書いたコンビーフを買ったお店で、一緒に並んでいた物だ。

お店の主人に食べ方を聞いてみると、そのままいけるとのこと。

適当な大きさに切って口に放り込むと、シャリシャリとした食感がする。
肉の食感としては、今まで経験したことが無い。
ほどよい塩味と燻製の香ばしさがなかなか良かった。

・・・しかしトントロ。やはり脂っこいのは否めない。
お酒と一緒に食すのがベストだなぁ。


・・・写真、生活感がでてしまっているなぁ(^^;)

April 15, 2006

YAMATO

突然だが、いま広島の呉市に向かっている。 狭い車に、男3人。かなり窮屈だが、まぁそれも一興。 大和ミュージアムって、どんな所なんだろう?

April 11, 2006

そろそろ収まったのか?

今夜は恐る恐る書いている。
ご存じの通り、ココログは現在トラブっている。
3月28日のバージョンアップ以来、様々な不具合が出ており、
未だ全面解決には至っていない。

しばらくエントリを書かずに静観していたのだが、
そろそろ落ち着いたのではないかと思い、投稿してみた。

・・・劇重な状態は緩和されたみたいだな。

ニフティ社々長のブログへの抗議トラックバック、凄いね。
そして、火に油を注ぐような社長の投稿。凄かった。

この先どうなってしまうのだか・・・?

April 03, 2006

屋根の上のムーミン

Dscn0951

旧万世橋駅跡で現在展示されている電気機関車「EF55」、通称ムーミン。
この機関車のうんちくは割愛させて頂くとして・・・。

今年の5月に交通博物館が閉館となるため、惜別イベントの一環として
この場所にて期間限定で展示されている。この状態を見て思いついた言葉が、
今日のエントリタイトル。
・・・屋根じゃないだろうというツッコミはせぬよう・・・。

April 02, 2006

コンビーフ

Dscn0949
コンビーフである。
私の家から車で20分ぐらいの所にある、手作りハム屋さんで売っている。和牛を材料に作られているため、ひとつ700円近くする。でも旨い。これだけでご飯が食べられてしまう。

なんでも表参道ヒルズ近くのレストランに出荷しているらしく、店頭ではなかなか手に入らないようだ。私も何度か足を運んだ挙げ句、予約してようやく手に入れた。

以前はそんなに苦労をせずに手に入ったんだが・・・。

早速新玉葱と合わせて頂いた。

April 01, 2006

懲りないココログ

3月28日にココログがバージョンアップしたのは周知の通り。
すでに事後4日経っているが、未だにレスポンス悪いね。
ログインは待たされるわ、できないやら・・・。

他の方々も書いているのだが、やる気あるのだろうか?

何か手を加えるたびにおかしくなるって、どういうことさ?
サポートに電話したところで、暖簾に腕押しなんだろうな、おそらく。

« March 2006 | Main | May 2006 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
My Photo

Recent Comments

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

にほんブログ村